ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

Complexによると、先週木曜日にニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が『Universal Hip-Hop Museum』の建設に向け370万ドル(約4億円)の助成金を承認。州の経済、およびコミュニティ開発資金のパッケージの一部となる。

『Universal Hip-Hop Museum』は現在ポップアップ展示としてブロンクスのターミナルマーケットに一時的に設置されており、博物館は空駐車場となっている5000平方メートル弱の土地に建設予定とのこと。

プロジェクトは4年前に始動したもので、Kurtis Blowが会長を務め、ICE-Tが取締役会の一人を務めることが話題を呼んでいた。博物館では音楽、歴史的な文化遺物、映像、写真などを展示予定で、研究スペースやライブステージもあり、MicrosoftやGoogleなどとパートナーシップを結び、テクノロジーとエンターテイメントを融合させ、様々な体験ができるようになるそう。

2023年のオープンに向け順調に準備が進む『Universal Hip-Hop Museum』。ヒップホップファンにとって必ず訪れたい場所になりそうだ。

related

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。