NY・ブロンクスにヒップホップの巨大博物館が2022年に誕生

NYのハーレム地区にヒップホップの殿堂が2018年に誕生することが発表されたが、さらに新たに同市のブロンクス地区にヒップホップの博物館が建設予定であると発表された。

ブロンクス地区の河岸に埋め立ての造成地を作り、『Bronx Point』と名付けられた巨大な建設プロジェクトを計画していると報道した。そこに建設される複合施設のひとつがヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』になるとのこと。

Universal Hip-Hop Museum』プロジェクト自体は4年前から始動していた。伝説的なアーティストもプロジェクト立ち上げに携わり、Kurtis Blowが会長を務め、ICE-Tが取締役会の一人である。

『Universal Hip-Hop Museum』のCEOであるRocky Bucanoは「この博物館はヒップホップのホームになる。ヒップホップが生まれたブロンクスにヒップホップが戻ってくる。ヒップホップの全史だ」と語る。

「ヒップホップを存続させるための最も重要なプロジェクトになるだろう」とKurtis Blowは声明を発表。さらに「この文化施設はNYとブロンクスのすばらしい観光地になる。ヒップホップにとって記念するべき日だ」と述べた。

ヒップホップ博物館として、この施設では様々なテクノロジーを使ってヒップホップの魅力を伝えていくようだ。音楽自体はもちろんのこと、歴史的な文化遺物、映像、写真などを展示する予定。研究スペースやライブステージもあり、MicrosoftやGoogleなどとパートナーシップを結び、テクノロジーとエンターテイメントを融合させ、様々な体験ができるようになるとのことである。

ヒップホップの殿堂とヒップホップの博物館が建設されるNY。『Universal Hip-Hop Museum』が含まれるブロンクス地区の新たな巨大複合施設は2022年に完成予定。300億円以上を投じるプロジェクトになると発表されている。

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。