ゆるふわギャングがクリスマスに新曲"GIFT"を緊急リリース

世界を飛び回るRyugo IshidaとNENEのラップデュオとプロデューサーAutomaticによるユニットゆるふわギャングが、新曲"GIFT"をクリスマスにリリースする。

2019年はNENEがThe Chemical Brothersのアルバム『No Geography』に客演参加したり、Ryugo IshidaがBlackEyePatchとのコラボレーションでミックステープ『TAPE TAPE』をリリースと、ソロでも活発に動いていた両者。

"GIFT"は、Automaticがプロデュースを、ミックスとマスタリングをKMが手がけている。

Info

Artist: ゆるふわギャング
Title: GIFT
Release Date: 2019/12/25
Label: Mary Joy Recordings

related

KMとdooooのレジデントパーティー『STEREO WAVE』にゆるふわギャングが出演

渋谷・Sound Museum Visionを舞台にビートメイカーのKMとdooooがレジデントを務めているパーティー『STEREO WAVE』が、11/14(土)に開催される。

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。