釈迦坊主が新作EP『NAGOMI』を来年1月2日にリリースすると予告

独特な世界観でhiphopの新境地を開拓し続け、イベント『TOKIO SHAMAN』も毎回話題を呼ぶラッパー、プロデューサー、エンジニアの釈迦坊主が、2020年1月2日に新作EP『NAGOMI』をリリースすると発表した。

トラックのプロデュースからミキシング、マスタリングは全て釈迦坊主自身が手がけており、アートワークはRyu Nishiyamaの手によるもの。OKBOY、Dogwoods、Anatomia、Iida Reoがフィーチャリングゲストとして参加することも発表されている。

昨年に続き、2020年も釈迦坊主から目が離せない年になりそうだ。

Info

2020.1.2 release

NAGOMI

All Tracks Produced by shaka bose.
Mixed and mastered by shaka bose.
Artwork by Ryu Nishiyama
Format:配信

Track List

1 Hideout
2 Supernova
3 iPhone 9 ft.OKBOY,Dogwoods
4 Bill Gates ft.Anatomia
5 999 ft.Iida Reo
6 Alpha

related

釈迦坊主がビートメイカーのATSUKIとのコラボ曲"Judah"をリリース

EP『AHIRU』のリリースや自身の主催イベント『TOKIO SHAMAN』など、2022年も多彩な活動を行なっている釈迦坊主が、ビートメイカーATSUKIとのコラボ曲”Judah”を本日9/13(火)にリリースした。

Red Bullによるサイファー企画『RASEN』の第14弾にKaleido、SATORU、Tade Dust、Yvng Patraが登場 | ビートは釈迦坊主が制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回#14が公開となった。

デジタルブラックメタルユニットVMOのイベント『世紀末』がWALL & WALLにて開催|釈迦坊主らがゲスト出演

ポストレイヴシーンの旗手Gabber Eleganzaの気鋭レーベルNEVER SLEEPからのリリースなどで注目を集めるデジタルブラックメタルユニット VMOが主催するカオスパーティー『世紀末』がWALL&WALLにて12月26日に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。