Travis Scottがボブ・ディランのツアーバスでマリファナを吸ったことがあると明かす

Travis ScottがShow Studioの動画インタビューコーナーに登場、貴重なエピソードや、彼独自の考えを披露している。

Scottは友人の人気モデルBella Hadidからの、「これまでハイになった場所で、一番ヤバかったのは?」という質問に対し、「ボブ・ディランのツアーバスの中」とノーベル賞も受賞した大先輩アーティストの名前を明かす。ツアーバスがリック・ルービンの家の裏庭に止まっていたときだという。しかしScottはディランやルービンと一緒にマリファナを吸ったかどうかについては明かさなかった。

さらにトランプ大統領誕生などもあり、アーティストが政治的な姿勢を求められている中、Scottは自身の楽曲では政治的になりすぎるメッセージは発したくないといい、「政治は物議をかもす。自分の意見を言った途端に大勢の人を敵に回し、しっぺ返しを食らう」と慎重な態度を取る。続けて「特にアフリカ系アメリカ人は、本当に多くの問題を抱えていて、それらについて発言しないといけない。俺たちには本当に多くのクソみたいな問題があるんだ。子供に影響を与えるのが、おれの大きな、大きな、大きな仕事だ。間違ったメッセージを言って、彼らを傷つけたくない」と政治的なメッセージとは距離を取っていきたいと話している。

またScottは3枚目のアルバム『Astro World』をリリース後は、現在興味を持っている建築の勉強をしにハーバード大学に行きたいとも明かしている。Travis Scottのインタビューはこちらから。

 

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Travis Scottがマジックにびっくり

ニューアルバム『Astroworld』が全米チャート1位を獲得し、名実ともにシーンを代表するラッパーになりつつあるTravis Scott。

Travis Scottとの曲作りをKevin Parkerが語る|マリファナの煙が充満し人生最大の音量で音楽が流れる

待望のニューアルバム『ASTROWORLD』をリリースしたTravis Scott。アルバム制作中、曲作りのためにスタジオにたくさんのミュージシャンを呼んでいたそうだが、そのうちの一人がTame ImpalaのKevin Parkerであった。今回のアルバムの収録曲”Skeletons”の共同作曲者でもあるKevin Parker、BillboardのインタビューでTravis Scottとの楽曲制作について語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。