ミュージック・マガジン最新号で日本のヒップホップ・アルバム・ベスト100特集

5/20に発売されるミュージック・マガジンの2017年6月号の特集として、「日本のヒップホップ・アルバム・ベスト100」が掲載される。

Music Magazine

近年大きく注目されてきた日本語ラップ、数多くのメディアでもさまざまな企画が組まれてきた。その一方で、作品そのものに焦点を当てたものは少なかったということで、ミュージック・マガジンではランキングというかたちで、日本のヒップホップ史を彩ってきた傑作100枚を選出した。

31人の評論家/ライター/ブロガーが30枚ずつ、1位から30位まで順位をつけて選んだものを編集部で集計トップ100を選出した。投票のあった作品は全部で350枚超、さらにその350作品以外にも聴くべき作品は数多いだろう。どの作品が選出されているのか、まずは掲載された100枚を通して、日本のヒップホップの豊かさに触れてみてはいかがだろうか?

特集内容

■ 31人の投票で選ばれた100枚!(安東三、泉智、伊藤雄介、岩下朋世、印南敦史、韻踏み夫、浦田威、荏開津広、大前至、奥田愛基、靴底、gogonyanta、小鉄、小林野渉、斎井直史、斉木小太郎、佐々木寛太郎、佐藤雄一、高岡洋詞、高木 “JET”晋一郎、高橋圭太、DJ YANATAKE、中里友、二宮慶介、服部昇大、二木信、矢野利裕、山田文大、吉田雅史、渡辺志保、和田哲郎)

■ ランキング包括大放談〜Creepy Nuts〔R‐指定 & DJ松永〕×DOTAMA(構成=高岡洋詞)

■ ゆるふわギャング・インタヴュー(二木信)

■ ZEEBRA〜自ら立ち上げたヒップホップ専門ネット・ラジオ局”WREP”(印南敦史)

■ 日本のヒップホップの評価基準を定めて共有していくための試み(荏開津広×二木信)

■ 筆者紹介〜ランキングに参加した31名

その他の内容についてはこちらから。

RELATED

『Richardson』の20周年記念号がbonjour records限定でカプセルコレクションと共に発売

セックスとセクシュアリティに重点を置いた雑誌『Richardson』が1998年の創刊から20周年を迎え、Kim Kardashianが表紙になった創刊20周年記念号A9を10/27(土)に発売する。

STUDIO VOICEがアジアから生まれる音楽の現在を伝える特集号を刊行

9/20(木)にSTUDIO VOICEの最新号が発売となる。今号では「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」と題して、アジア圏で生みだされている現在進行形の音楽について、その現場をさまざまな角度からルポルタージュする。

ファッション雑誌『STUDY』の第5号の発売を記念した2日間限定のPOP UPが開催

2014年に創刊されたファッション雑誌の『STUDY』の第5号が7/17に一部書店で先行発売されるのを前に、7/14(土)~15(日)の2日間限定で東京・代々木八幡の村世界でPOP UPが開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。