【FEATURED】総選挙を控えるイギリスでUKグライムアーティストたちが英労働党首ジェレミー・コービンをバックアップ

イギリスでは6/8に総選挙が行われる予定だ。総選挙の理由は、現在の与党である保守党が議席数を増やし、政治的安定性を確固としようとしている。そこでSkeptaの実弟でグライムMCのJMEがイギリス労働党の党首であるジェレミー・コービンと面会。多くのグライムアーティストたちが新自由主義的な与党・保守党にストップをかけるためにバックアップの姿勢を打ち出している。

イギリスの総選挙はそもそも5年毎に行われており、前回はデビッド・キャメロン政権時の2015年に行われ保守党が圧勝。次回は2020年に行われる予定であったが、与党が解散総選挙を選択し、野党も6月の早期総選挙にに応じた。

2016年の国民投票によるEU離脱問題を受けてデビッド・キャメロン前首相が辞任し、前政権で内相を務めていたテリーザ・メイが首相に就任。テリーザ・メイは他の首相候補が自滅したりするなかで首相に押し上げられたという経緯がある。EU離脱のための調整や交渉が本格化し、政治的な安定性がさらに求められる今後、テリーザ・メイ首相と保守党は2020年を待たずして、与党への支持率が高い2017年に総選挙を行い、議会の安定性を確固としようと企んでいる。

6月に行われる総選挙を控えて、NHSなどの無償医療機関や教育関連に対する予算の削減を行う保守党政権にストップをかけるため、グライムアーティストたちは立ち上がり、野党労働党の党首、ジェレミー・コービンをバックアップするために立ち上がった。

先週末、Skeptaの実弟でグライムMCのJMEがイギリス労働党の党首であるジェレミー・コービンと面会し、総選挙に投票するための選挙人登録を促すキャンペーンをスタートさせた。今回の総選挙に投票するためには選挙人登録を5/22までに済ませないといけないことになっている。

JMEはジェレミー・コービンのSnapchatに登場し、教育問題や若者の投票率の低さについて語った。

そしてそのミーティングのニュースの後、 謎のグライムアーティストによるジェレミー・コービン支援サイト「Grime 4 Corbyn」の立ち上げられていることが判明した。サイトのメーリングリストに登録するとシークレットイベントへの参加権を手に入れることが出来る。そしてグライムアーティストたちによるジェレミー・コービンへの支援ツイートが表示されたり、ジェレミー・コービンの肉声をサンプリングしたグライム・トラックがアップロードされていたりと、グライムらしい取り組みが展開されている。

スクリーンショット 2017 05 16 11 07 47

来日公演を行ったAJ TraceyやNovelist、JMEなどもジェレミー・コービンへのサポートをツイートで表明している。

Novara Mediaが投票についての予測と提言についての記事を公開し、EU国民投票の結果から今回の総選挙において若者の投票率がキーになっているということを明らかにした。

RELATED

A$AP RockyがOtis Reddingのソウル名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを披露

今年アルバム『Testing』をリリースしたA$AP Rockyが、名ソウルシンガーのOtis Reddingが1968年にリリースした名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを、Triple Jの名物カバーシリーズで披露した。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。