DrakeのファンがMeek Millに大量の花の絵文字を送りつける

昨日リリースされたDrakeの新作『More Life』で相変わらず攻撃の対象となっているのがMeek Millだ。すでに決着はついていると思われるこのビーフだが、DrakeはよっぽどMeek Millのことが気に入らないのか、執拗にしかも間接的に攻撃を行っている。

そのDrakeの姿勢をファンたちも見習い、Meek Millに対しある行動を行っている。

それはMeek MillのInstagramの投稿に対しコメントで花の絵文字を送りつけることだ。花の絵文字はDrakeが『More Life』で象徴的に使っているものだ。

?

champagnepapiさん(@champagnepapi)がシェアした投稿 -

Drakeの忠実なファンたちは、Meek MillのInstagramのコメント欄に執拗に花の絵文字を送り続けている。

Meek Mill

Meek Mill

この行動は2015年のDrakeとFutureのコラボアルバム『What a Time To Be Alive』でも、ダイヤモンドの絵文字を送るという形でMeek Millに対して行われていた。

なんと恐ろしく忠実なファンたち、Meek Millがこの状況を打開しない限りこのような行動は今後も続いていくだろう。

RELATED

俳優のマイケル・ラバポートが突如Meek Millを「ゴミラッパー」とディス

以前、2Pacを「退屈な音楽」と評したLil Xanに対し「才能が無い田舎者」と怒りを露わにした俳優のマイケル・ラバポート。ヒップホップファンとして知られる彼が突如としてMeek Millをディスしたことが話題となっている。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。