Kendrick LamarやSolangeがグラミー賞の結果を批判。YGは「Hood Grammy」賞の設立を示唆

59回目のグラミー賞は、初めてストリーミングだけで作品をリリースしているChance The Rapperが最優秀新人賞を獲得するなど、権威ある賞に新風が吹いた。

しかし授賞式の前にFrank Oceanがグラミー賞には文化的なバイアスがかかっていると批判していた通り、AdeleがBeyonceなどとの争いを制し、主要賞を独占。図らずもFrank Oceanの批判を体現する形になってしまった。

Adele自身はBeyonceの『Lemonade』こそが最優秀アルバムだとライバルを褒め称えているが、ブラックミュージックサイドからの批判がすでに巻き起こっている。

Beyonceの妹SolangeはFrank Oceanがグラミー賞を批判したTumblrのポストとともに同意を示すポストをTwitterに行った(すでに削除済み)。

さらに同じく削除済みのツイートでSolangeは過去20年間で最優秀アルバム賞を受賞した黒人アーティストは2人だけだと、グラミー賞の文化的バイアスについて言及し、グラミー賞の選考システムの問題についても批判を行った。(実際はLauryn Hill(1999)、Outkast(2004)、Ray Charles(2005)、Herbie Hancock(2008)の4人が最優秀アルバム賞を受賞している)

昨年自身がTaylor Swiftに最優秀アルバム賞争いで負けたKendrick Lamarは最優秀新人賞を獲得したChance The Rapperを祝福しつつも、Beyonceが最優秀アルバム賞を受賞できなかったことについては激怒しているとLamarのレーベルTDEのボスがツイートしている。

さらにラッパーのYGは別の賞(Hood Grammy賞)を立ち上げる必要があることをツイート、Snoop Doggに手伝って欲しいとツイートしている。

確かに音楽賞はセールスや人気とは切り離されて考えられるべきだし、受賞したAdeleの『25』に全く間違いはない。ただChance The Rapperの作品を候補作にするような時代にあった変革をグラミー賞が求められているのは間違いなさそうだ。

 

RELATED

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。