トランプ新大統領のTwitter担当者はフェイク・ニュースが大好物

先週末に開催されたドナルド・トランプ45代アメリカ大統領の就任式、翌日ワシントンD.Cで行われたトランプ大統領の女性への政策に反対するWomen's Marchの方が多くの参加者を集めたという意見も出ている。それに対してトランプ側は就任式にはこれまでで最も多くの参加者を集めたと主張するなど、フェイクニュースの時代らしい幕開けとなった。

新大統領といえば様々なメディアや企業に対しTwitterで直接名指しで攻撃を行うなど、Twitterが広報の大きな武器(?)になっているが、その担当者Dan Scavinoは、大のフェイク・ニュース好きということが判明した。

Dan ScavinoはこれまでにもFNMNLでも取り上げた陰謀論者として名高いアレックス・ジョーンズが主宰するサイトや、アメリカではしかが大流行した原因とも言われている反ワクチンの記事を宣伝するなど、広報の担当者としての資質に疑義がもたれている。

トランプ側はこれまでも自分側に不都合な主張をしたCNNやNBCなどのメディアを「フェイクニュース」と断じてきただけに、そういう意味でいうとScavinoのような人物はSNS運営にうってつけなのかもしれない。

Scavinoは他にも大統領選挙中にライバルだったテッド・クルーズがCNNのコメンテイターとの愛人疑惑を捏造した動画もしている。

こうした人物をSNSの担当にするのは普通ならありえないが、大統領選をこのようなスキャンダルを喧伝することで勝ち上がってきたトランプ政権らしい人選ともいえる。アメリカの情報をめぐる戦争はより過酷になっていくのは間違いない。

 

 

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。