Harry Potter

Brexit後のUKの政府による観光キャンペーン施策は『ハリーポッター』や『シャーロック』などの文学作品がテーマ

CULTURE  2017.01.07  FNMNL編集部

EU離脱が決定し、観光客などが減少すると考えられているUKの魅力を伝えるために、UK政府は『ハリーポッター』や『シャーロック・ホームズ』などの文学作品によって、イギリスの魅力を再発見してもらうキャンペーンをスタートする。「Great Britain(素晴らしきイギリス)」と名付けられたキャンペーンは文学作品のヒーローをフィーチャーする。『ハリーポッター』シリーズの誕生の20周年を祝い、125周年『シャーロック・ホームズ』シリーズなど、英国文学の記念碑作品を取り上げる。

大英図書館ではハリーポッターファンにJK Rowlingが所蔵する未公開のハリーポッター関連物が公開される。大英図書館として、一つの作品のみで現在も生きている著者を取り上げるのは初めてのことだ。

EU離脱後、英ポンドの価値が低くなっていることから、海外からの観光客による外貨獲得が緊急の課題になっているUKは、観光資源を利用したインバウンドビジネスに光を見ているようだ。

その他にウェールズでは神話を取り上げたキャンペーンを展開したり、スコットランドでは遺跡や考古学をテーマにキャンペーンを行う。

観光会社のVisitBritainは、政府が海外で観光キャンペーンに投資する1ポンドは、観光客一人あたり23ポンドの消費を喚起できると主張している。

via Drum

MUSIC

FASHION

CULTURE