イギリスのレコードセールスは前年比50%増。ストリーミングサービスの進化がレコードの購買意欲を支える

イギリスレコード産業協会が2016年の音楽セールスのレポートをまとめたが、前年比でレコードは53%の売り上げ増で、総売上枚数は300万枚以上となったとガーディアン紙が報じている。

300万枚以上のセールスは1991年以来となる数値で、ガーディアン紙は多数の大物アーティストが亡くなったこと、(例えばデヴィッド・ボウイは2016年最もレコードを売ったアーティストだ)これまでレコードを購入してこなかった若い世代が、レコードに高い関心を寄せていることを理由に挙げている。

イギリスレコード産業協会の評議員であるVanessa Higginsは「これまで人々は、若い世代はストリームやデジタルだけでOKだと考えていたが、実際は若い世代も形があって、リアルなものを求めているのがわかった。これまでCDが担っていたポジションをレコードが担うようになった」と語る。

ストリーミングが音楽の聴き方の主流になったのが、レコードを購入する大きな要因にもなっているという。それはストリーミングサービスが新しいアーティストを発見する場所になっているからだ。

「これまではラジオが新しい音楽を発見する場所だったが、1日でかかる曲は限られていた。しかしストリーミングサービスだとすべての種類の音楽を好きなように聴ける。なのでこれまでにないくらい多くの音楽をストリーミングサービス上で発見できるようになった」とHigginsは付け加える。

現状レコードセールスの恩恵を授かっているのは、メジャーレーベルのアーティストが多いが、その状況も徐々に変化するだろうとHigginsは予測する。「今年はより多くの小さいレーベルやアーティストが、レコードで利益を得られるようになるだろう。多くの違った種類の音楽ファンがレコードを買うようになっているからだ」

ストリーミングサービスの充実がもたらすレコード市場の活況という状況はUKやアメリカでは、続いていきそうだが、果たして日本では同じ状態になる日はくるのだろうか?

Via The Guardian

RELATED

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

ヒップホップとR&Bの売り上げがアメリカでさらに拡大 | ロックを引き離し売上全体の31%のシェアを獲得

データ調査会社のニールセンが、2018年上半期のアメリカにおける音楽売り上げデータを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。