米警察友愛会がWalmartやAmazonに対して「Black Lives Matter」Tシャツを販売停止にするよう要請

アメリカの警察官の労働組合的な互助団体である警察友愛会(the Fraternal Order of Police)が、先週火曜日「Black Lives Matter」「Bulletproof: Black Lives Matter」Tシャツを「攻撃的(offensive)」だとし、WalmartやAmazonに販売を停止するように求めた。

米大手小売業のWalmartは警察からの抗議を受けて「Bulletproof: Black Lives Matter」のオンライン販売を停止したものの、「Black Lives Matter」Tシャツに対しては何の措置も行わなかった。

警察友愛会とは、アメリカの警察たちの互助組織。警察官であれば幹部から巡査まで何人でも入ることができる組織だ。「Black Lives Matter」とは近年問題として再浮上している警察による黒人への暴力を告発するスローガン。抗議は警察友愛会の会長Chuck Canterburyによって行われ、Tシャツは警察に対して攻撃的であり、分断を招くことを理由として挙げている。

それらのTシャツはOld Gloryなどの第三者がマーケットプレイスで販売していた商品だ。
Old Gloryは同時に「Blue Lives Matter」や「All Lives Matter」Tシャツも販売している。

via Fader, The Washington Post

RELATED

ニュージーランドの警察無線でN.W.Aの"Fxxk tha Police"が流れる

伝説的なヒップホップグループN.W.Aの代表曲である"Fxxk tha Police"は、タイトル通り警察に対するプロテストソングの代表格として知られているが、そんな楽曲がニュージーランドの警察無線で先週末に何度も流れてしまったと地元紙が伝えている。

ベルリンの警察官が宴会で騒ぎすぎて駐留先のハンブルグから強制送還させられる

さすがパーティーのメッカ、ベルリンの警察官といったところだろうか。 警官たちの乱痴気騒ぎをMixmagが伝えている。

ファーガソン黒人射殺事件の抗議行動を映した映画『Whose Streets?』の予告編

2014年8月ミズーリ州ファーガソンで高校を卒業したばかりのマイケル・ブラウンさんが警官と言い合いになり、発砲を受け殺された、いわゆるファーガソン事件。その後ブラウンさん射殺に対する大きな抗議活動に展開していった、この一連の経緯を映したドキュメンタリー映画『Whose Streets?』が今夏アメリカで公開される。『Whose Streets?』の予告編第1弾がYoutubeにアップされた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。