今年のXXL Freshmanたちが人種差別や警察による暴力についてディスカッションする動画が公開

毎年の恒例であり新鋭ラッパーの登竜門となっている人気企画「XXL Freshman」。今年はJack Harlow、NLE Choppa、Polo G、Calboy、Baby Keem、Mulatto、Rod Wave、Lil Keed、Chika、24kGoldn、Lil Tjay、Fivio Foreignが選出されたが、今回、今年のFreshmanたちが人種差別や警察による暴力の現状についてディスカッションする動画が公開された。

XXLは、活動家であるTamika D Malloryによって昨年設立された団体「Until Freedom」とコラボしディスカッションの場を用意。全3回が予定されている動画は現在パート1、2までが公開されており、それぞれ「過去」と「現在」の状況についてラッパーたちが話し合う内容となっている。

パート1では、若者たちに絶大な影響力を誇るXXL Freshmanの面々が社会正義について発信する重要性が語られる。例えば24K Goldenが「自分が白人の友人と一緒にいる時と、黒人の友人と過ごしている時では、警察の自身に対する扱いが全く違うものだった」という経験を語り、また複数の人種にルーツを持つMulattoも身の回りにいる白人をいかに啓蒙し、教育するかというテーマを語った。

Jack Harlowも黒人の人口が多い地区で育ったことから人種差別に対する強い意識を持っていると語り、また白人である自身が人種差別の存在を意識していない他の白人に対して果たすべき役割があるように感じているとしている。

パート2ではジョージ・フロイドさんやブレオナ・テイラーさんといった人々が続けて警察により命を奪われたことから発展したBlack Lives Matterの運動について語られており、Freshmanたちが実際に抗議活動に参加した際のエピソードなどが明かされている。彼らはあくまで平和的な抗議活動を行っていたにも関わらず警察官からゴム弾の発泡や催涙ガスを浴びせられたと一様に語っており、またRod Waveは地元の小さな店や企業が新型コロナウイルスの流行によるロックダウン、その後のデモと警察の出動によって打撃を受けた状況について説明している。

動画の後半ではアーティストである彼らがSNS上で自らの声を発信することについても話し合われている。Jack Harlowは「もし俺が何人かの白人の子供たちに影響力を持っていて、その子供たちが親から“All Lives Matter”なんて言われたとしたら、俺が多くの白人の子供たちに対して、もう少しはっきりと物事を見て共感できるよう影響を与えることが出来ると思っているよ」と白人のラッパーとしての立場から若い世代を啓蒙する意志が語られている他、24KGoldnも「自分のInstagramに何かを投稿して、それを見た10万人に“これは正しいことを言っているかもしれない”と言ってもらうために、5秒でも良いから時間を使うべきだと思う」と、発信することの重要性と責任感を説いている。

今回のディスカッションはBlack Lives Matterが世界的に大きなムーブメントに発展した今年だからこそ実現した企画でもあるが、大きな影響力を持つ気鋭のアーティストたちがこのようなトピックについて話し合うという試みは非常に貴重なものだ。ラップミュージックのファンである我々にとっても他人事では無い内容が話し合われた2本の動画は、いずれも必見の内容である。

related

【スナップ】What are you listening to? Vol.8 in『Black Lives Matter Charity Exhibition "Unity"』

今回は、9/26(土)と9/27(日)の2日間限定で原宿のGallery COMMONにて開催された、Awichが主宰するアートエキシビジョン『Black Lives Matter Charity Exhibition "Unity"』にてスナップ。

Black Lives Matterの認知拡大を目的にしたAwich主宰のエキシビジョン『Unity』が開催 | BlackEyePatch、GUCCIMAZE、UTOPIE (Kosuke Kawamura × YOSHIROTTEN)などが参加

Awichが主宰するアートエキシビジョンBlack Lives Matter Charity Exhibition『Unity』が9/26(土)と9/27(日)の2日間限定で、原宿のGallery COMMONで開催される。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。