Kanye Westの『The Life of Pablo』がWikipediaで今年最も編集された記事の1つにランクイン

Kanye Westが今年リリースしたアルバム『The Life of Pablo』は間違いなく、今年を代表する作品だが、今年最もリスナーを混乱させたアルバムともいえる。その混乱はWikipedia(英語版)のページにも反映されており、『The Life of Pablo』のWikipediaページは今年3,574回も編集された。これは今年最も編集されたページランキングの19位に該当する。ではなぜ、このように多くの編集がされたのだろうか。

まずリリース前から何回もトラックリストが更新されたことや、TIDALでストリーミングオンリーでリリースされ販売されないと言われていたにもかかわらず、他のサービスでもリリースされ、さらにはリリース後にも、収録曲が何度もアップデートされたことなどが、これほどまで多くの回数の編集を生んだ結果となってしまった。

これまでの音楽作品ならリリースしたところで、作品は完成し、その後にアップデートされることはなくなった。しかしストリーミング環境下での音楽聴取が一般的になるとKanyeの同作のようなケースはさらに増えていくかもしれない。

ちなみにWikipediaで今年最も多く編集された記事はDeaths in 2016(本日もジョージ・マイケルが追加されてしまった..)で、2位がアメリカ新大統領のドナルド・トランプ、3位がList of Hillary Clinton presidential campaign endorsements(ヒラリー・クリントンを支持した人物)となっている。

Via Wikimedia

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。