Jay Z 監修ドキュメンタリーのトレイラーが公開、司法制度や警察の蛮行に挑む

CULTURE  2016.12.16  FNMNL編集部

Jay Zがプロデュースを務める全6シリーズからなるドキュメンタリー作品の最初のトレイラーが公開された。このシリーズは独立系映画会社のThe Weinstein Companyとのコラボレーションのもと制作され、刑事司法や警察の蛮行などの問題を扱う。

今回トレイラーが公開された『TIME』は、当時16歳でリュックサックの窃盗容疑で逮捕され、証拠のないままニューヨークのライカーズ島に3年間拘留された後、釈放後自ら命を絶った少年、Kalief Browderの人生を追ったもの。

Jay Zはドキュメンタリーについて、「自らの人生で戦いつづけ、世界を良い方向に変えてきた人たちについて語ることができて嬉しい。」とコメントしている。

 

今回公開された2分30秒のトレイラーでは、Kaliefの母Venidaのインタビュー映像や、拘留所での実際の映像などが見ることができる。ドキュメンタリーは、実際の映像と重要なシーンの再現ドラマ、また関係者へのインタビューなどからなると発表されている。

このシリーズは2017年3月1日からSpike TVにて放送予定だ。

(辻本秀太郎)

 

MUSIC

FASHION

CULTURE