アメリカ国防総省による2045年の未来予想図。脳波でコミュニケーション、無人飛行機などの驚くべき技術革新

CULTURE  2016.11.01

未来を予測するのは困難だ。この世界で誰が一番未来を真剣に予想しようとしているのだろう?おそらくその一つはアメリカの安全を守ることに血道を上げている国防総省ということは間違いない。

 

アメリカの国防総省内には、国防高等研究計画局という部局が1958年に設立され、軍事的なイノベーションを民間とともに実現してきた。ロボットやGPS、インターネットが生まれた背後には彼らの姿がある。

その彼らが2045年の未来を予想している。その頃にはロボットとAIが産業の中心的存在になっており、無人飛行機が軍事産業から民間へと移植されているのだ。無人運転技術も私たちの生活にとって当たり前になっている。

しかし国防高等研究計画局はそのような発展よりももう少し未来は驚きに満ちているということだ。光の速さよりも早いスピードで星間旅行ができ、月、火星などに基地ができているという。思考のみでさまざまなものをコントロールできるようになっており、義足や義手を思考でコントロールすることができるようになっているという。

これらの2045年の予想を動画にしたものだ。これらのうちどこまでが本当に実現するのだろうか?

MUSIC

FASHION

CULTURE