AmazonのAIアシスタント『Alexa』が突如として笑いだすという怪奇現象が発生

今、最新技術のなかで最も注目を浴びているのが人口知能で間違いないだろう。AppleやGoogle、Amazonまでもが家電・電化製品に人工知能やIoTを盛り込み、大手のハイテク小売は新たな技術革新に躍起になっている。その一方で囁かれているのがシンギュラリティといわれる技術の進歩により人間に危害が加わるのではないかという仮説である。 人工知能は、人間の知能増幅を謳っているが、人間の想像力に及ばないぐらいのところまで進むと恐怖心を煽る意見も多くみられる。そんな中その予想が現実のものとなった。Amazonによる高性能スピーカー『Alexa』が突然笑い出すというクレームがツイッター上で話題を呼んでいる。

アメリカの17歳の少年がAIにKanye Westのラップを教え込み、AIはオリジナルのラップをできるまでに成長

ウェストヴァージニア州に住む17歳のロビー・バラット氏は、わずか1週間でオープンソースのAIを用いてデジタルMCを作り上げてしまった。

Mark Zuckerbergが開発を進める家事AI「Jarvis」の声はモーガン・フリーマン

FacebookのCEOMark ZuckerbergがAI(人工知能)のプロトタイプを公開した。Jarvisと名付けられたAIアシスタントが彼の家の中で働いている様子を映した動画を公開した。

アメリカ国防総省による2045年の未来予想図。脳波でコミュニケーション、無人飛行機などの驚くべき技術革新

軍事的なイノベーションを民間とともに実現してきた米国防高等研究計画局による2045年の世界の姿とは?
もっと見る