AIが生成したTravis Scott風の楽曲のMVが公開

AIに関するテクノロジーが凄まじい勢いで発展している昨今。様々な期待が寄せられる反面ディープフェイクといった問題が徐々に表面化しつつある中、AIが生成したTravis Scott風の楽曲が公開され話題を呼んでいる。

Geniusによると、space150というデジタルエージェンシーがTravis Scottの楽曲をAIに学習させ、それらを元にTravis Scott風の新たな楽曲を生成することに成功した。同曲は「Travisbott」なる名前のアーティストによる“Jack Park Canny Dope Man”という楽曲として公開されている。

Travis Scottのオートチューンを用いた歌声の再現度の高さや、タグである“It’s lit”や“Straight up”といったアドリブが含まれている辺りからAIの精度の高さが分かる。またリリックはTravis Scottの楽曲に多く含まれる単語を元に作られたそうだが、やはりというべきか意味の通らないシュールな味わいの物に仕上がっている。

Space150のクリエイティブディレクターであるNed Lampert氏は、Adweekの取材に対し「私たちは、AIを用いて実際に聴かれているような良い楽曲を作ることに魅了されました。Travis Scottを選んだのは、彼がユニークなアーティストであり、ユニークなサウンドを持ち、聴覚や視覚に訴える美学を持っているからです」としている。またLampert氏によるとAIはTravisのリリックを学習し再現しようとする過程で何故か食べ物に関するリリックを生成し続けていたそうだが、理由は不明とのことだ。

AI技術の発展を実感させられるようなTravisbott“Jack Park Canny Dope Man”のMVはこちらから観ることが出来る。

related

Kanye WestがTravis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us In The Blood”をリリース|BLMと連動したMVも公開

先日Dr. Dre、Snoop Doggとレコーディングを行っていたことが報じられ、新作『God’s Country』のリリースを予告していたKanye West。そんな彼が、Travis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us in the Blood”をリリースした。

ジョージ・フロイドさんの死に伴いTravis Scott、Chance The Rapper、Killer Mikeを始め多くのラッパーたちが声明の発表やデモへの参加を行う

先週ミネソタ州ミネアポリスにて発生した、アフリカ系アメリカ人男性のGeorge Floydさんが警察から不当な取り調べを受けている最中に窒息死させられた事件。警察による暴力や人種差別に対する抗議が広がり、先週末には全米で大規模なデモに発展したことが報じられたが、多くのラッパーたちも警察やレイシストに対する抗議の声明を発表している。

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。