Red Bullによるサイファー『RASEN』の第四弾に¥ellow Bucks、Eric.B.Jr、MIYACHI、Kojoeが登場

日本の音楽シーンとも深い関係性を築いてきたRed Bullがスタートさせた新企画『RASEN』。多様化する日本の現在のヒップホップシーンにフォーカスした『RASEN』は、毎回異なるコンセプトでラッパーとビートメイカーを選出、その場限りのサイファーを収録し、YouTubeのRed Bull Musicチャンネルで公開していくものだ。

昨年公開された第一弾ではLEX、SANTAWORLDVIEW、荘子it、Taeyoung Boyというそれぞれ個性の異なる若手ラッパー4名が登場、KMがビートを提供、VaVaがビートを提供した第二弾でもDaichi Yamamoto、釈迦坊主、dodo、Tohjiが出演した。12月に公開された第三弾は、week dudus、BBY NABE、vividboooy、Fuji Taito、Kvi Babaが登場しLil’Yukichiがビートを提供した。

そして本日公開された第四弾では¥ellow Bucks、Eric.B.Jrの若手実力派2名に加えて、MIYACHI、Kojoeという十分なキャリアを誇るアーティストが登場。ビートはOZworldのアルバムへの楽曲提供や5lackとの共作でも話題のHowlin' Bearが提供した。

これまでの若手にフォーカスした内容とは一味違うラインナップとなった『RASEN』。次回はどんなアーティストがラインナップされるか期待が高まる。

Info

第四弾出演者
¥ellow Bucks
Eric.B.Jr
MIYACHI
Kojoe
※登場順

インタビューリンク
https://www.redbull.com/jp-ja/projects/rasen-interviews/

Track Produced by Howlin' Bear

related

Awichの新作『Queendom』から"Link Up feat. KEIJU, ¥ellow Bucks"のミュージックビデオが公開

3月に開催した⾃⾝初の武道館公演も大成功を収めたAwichが、最新作『Queendom』から"Link Up feat. KEIJU, ¥ellow Bucks"のミュージックビデオを公開した。

KOJOEがBUPPONとZINとのアルバム『Scent』をリリース

東京、大阪、沖縄に拠点を構え日々音楽に向き合う生活を送るKOJOEが、これまでに幾度も共演を行ってきたBUPPONと、アーティストコレクティヴのSoulfrexに所属し、優しさと美しさを兼ね備えた歌声を持つZINを迎えたアルバム『Scent』を4/6(水)にリリースする。

Kojoeの“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”のJansport Jによるリミックスがリリース

Kojoeが2020年に発表したEP『23』収録の“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”と表題曲“23”の2曲をLAのプロデューサーJansport Jがリミックス。本日デジタルと7インチでリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。