アメリカ国防総省による2045年の未来予想図。脳波でコミュニケーション、無人飛行機などの驚くべき技術革新

未来を予測するのは困難だ。この世界で誰が一番未来を真剣に予想しようとしているのだろう?おそらくその一つはアメリカの安全を守ることに血道を上げている国防総省ということは間違いない。

 

アメリカの国防総省内には、国防高等研究計画局という部局が1958年に設立され、軍事的なイノベーションを民間とともに実現してきた。ロボットやGPS、インターネットが生まれた背後には彼らの姿がある。

その彼らが2045年の未来を予想している。その頃にはロボットとAIが産業の中心的存在になっており、無人飛行機が軍事産業から民間へと移植されているのだ。無人運転技術も私たちの生活にとって当たり前になっている。

しかし国防高等研究計画局はそのような発展よりももう少し未来は驚きに満ちているということだ。光の速さよりも早いスピードで星間旅行ができ、月、火星などに基地ができているという。思考のみでさまざまなものをコントロールできるようになっており、義足や義手を思考でコントロールすることができるようになっているという。

これらの2045年の予想を動画にしたものだ。これらのうちどこまでが本当に実現するのだろうか?

related

OctavianがSkeptaをエグゼクティブプロデューサーに迎えたデビューアルバムをリリースへ | Futureを迎えた"Rari (Chapter 1)"を先行発表

ESSI GANGの中心人物でもあり、ジャンルの垣根を越えて活動するロンドンのラッパー・ソングライターOctavianが、近日リリースが見込みのデビューアルバムの1曲目となる新曲“RARI (CHAPTER 1)”のミュージックビデオを公開した。

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。