アメリカ国防総省による2045年の未来予想図。脳波でコミュニケーション、無人飛行機などの驚くべき技術革新

未来を予測するのは困難だ。この世界で誰が一番未来を真剣に予想しようとしているのだろう?おそらくその一つはアメリカの安全を守ることに血道を上げている国防総省ということは間違いない。

 

アメリカの国防総省内には、国防高等研究計画局という部局が1958年に設立され、軍事的なイノベーションを民間とともに実現してきた。ロボットやGPS、インターネットが生まれた背後には彼らの姿がある。

その彼らが2045年の未来を予想している。その頃にはロボットとAIが産業の中心的存在になっており、無人飛行機が軍事産業から民間へと移植されているのだ。無人運転技術も私たちの生活にとって当たり前になっている。

しかし国防高等研究計画局はそのような発展よりももう少し未来は驚きに満ちているということだ。光の速さよりも早いスピードで星間旅行ができ、月、火星などに基地ができているという。思考のみでさまざまなものをコントロールできるようになっており、義足や義手を思考でコントロールすることができるようになっているという。

これらの2045年の予想を動画にしたものだ。これらのうちどこまでが本当に実現するのだろうか?

RELATED

Futureの“Draco”を口ずさんだイリノイ州の高校生が停学処分に

ラップが全米チャートを席巻するようになったとはいえ、過激な言葉も多く含まれるリリックに眉をひそめる人は未だに多く存在する。今回、Futureの楽曲を口ずさんだ高校生が災難な目に遭ってしまったようだ。

Futureがただのチキンサンドを売り切れ続出中のPopeyesのチキンサンドに偽装しガールフレンドにプレゼント

フライドチキンチェーン同士のチキンサンド対決「#ChickenWars」の盛り上がりによって、売り切れが続出しているPopeyesのフライドチキンサンド。以前Quavoがチキンサンドを大量に買い占め一つ1000ドルで転売しようとしたことを報じたが、今回はPopeyesのチキンサンドを購入出来なかったFutureがまさかの行動に出たようだ。

Futureが息子の5歳の誕生日にRolexをプレゼント

「Sneaker Shopping」に出演した際には「毎月30万ドルは服に使う」と衝撃的な告白を行なっていたFuture。洋服に大金を費やす彼は、もちろん愛息子の誕生日にもワイルドなお金の使い方をするようだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。