少女時代、f(x)、EXO、BIGBANG、防弾少年団、Red Velvet、TWICEなどの人気K-POPがレトロ・ゲーム風音楽に!ネットに広がる8 bitリミックス・シーン

近年のKARA、東方神起やBIG BANG、2NE1たちのブームは、もはやPOPSという枠を超えてDJやクラブ音楽ファンたちからも愛される一大ジャンルにまで成長した。そしてその動きに呼応するように多くのプロデューサーたちがK-POPをもとに自作リミックスしたりして、SoundCloudにアップロードしてきた。

しかし、オーバーグラウンドなK-POPファンや、クラブ音楽の中でK-POPを受容する層とも違うK-POPのファンの集まりがYoutubeにある。

Youtubeで活躍する8 bitクリエイターのTheDrakeLeeShow、Master Jo、DarnuTubeや8 bitシーンのレジェンドであるダンジョン木村たちがK-POPの名曲を8 bit、つまり懐かしいファミコンのような音でカバー。かれらの力作をご紹介。

ドット絵と呼ばれるアニメもクオリティが高く、チェックしてもらいたい。ダウンロードURLがある楽曲もあるので、DJはチェック。

少女時代

f(x)

f(x)のAmberも見たとされる"Rum pum pum pum"の8 bitバージョン

EXO

BIGBANG

昨年を代表する、少女時代、f(x)の妹分のグループRed Velvet

昨日3rdミニアルバム『TWICEcoaster : LANE 1』をリリースしたばかりのTWICEも8 bitに。

BTS (防弾少年団)

SHINee

8 bit クリエイターのダンジョン木村(danjyonkimura)氏による力作メドレー

Youtube上にはまだまだたくさんの8 bitカバーがあるからお気に入りのアーティストのカバーを探してみてほしい。

RELATED

Bruno MarsやRed Velvetなどを手がけるプロダクションチームThe StereotypesがK-Popの特長について語る

先日、BTS(防弾少年団)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』がビルボードアルバムチャートで初登場1位を獲得したことは記憶に新しい。

BTSのアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 がK-Popとして史上初めて全米アルバムチャート1位を獲得

アメリカのトップスターであるJaden SmithがK-Popアルバムをリリースしたいと発言するなど、全米での認知度も広がっているK-Pop。その先陣を切っているBTS(防弾少年団)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 が、偉業を達成した。

【コラム】KrystalとJune Oneの『I Don't Wanna Love You』プロジェクトが作るアートと音楽の新しい接点とは

最近見た展示の中で 『I Don`t Wanna Love You』がすごく良かったなーと思ったのですが、展示が終わってしばらく経った後に書くのもなんだなと思いつつ考察として書こうと思います。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。