SpotifyからK-POPの楽曲が大量に削除|ディストリビューターは契約更新に伴い交渉中と主張

世界最大の音楽ストリーミングサービスであるSpotifyから、本日よりK-POPの楽曲が多数削除され、ファンの間で大きな話題となっている。

NMEが報じるところによると、Spotifyは昨年2月1日より韓国でのサービスを開始しているが、本日3月1日よりディストリビューションサービスKakaoMを利用し配信された韓国のアーティストの楽曲がSpotify上で再生出来ない状態となってしまっている。

今回の事態により楽曲が削除されたアーティストの一覧もファンによってシェアされており、中にはLOONAやMAMAMOO、SEVENTEEN、CL、IUといった日本でも高い人気を誇るアーティストの作品も含まれている。

なお今回の騒動ではSMやYG、JYP、Big Hit Entertainment(Big Hit Labels所属のアーティストは除く)といった大手事務所と契約しているアーティストは影響を受けていない。

SEVENTEENの再生回数などのデータに特化したファンアカウントは、今回の事態によってPredis Entertainmentと契約しているアーティストたちのストリーミング回数が1億回近く減少してしまったことを報告している。

KakaoM側が発表したところによると、同社はSpotifyとの間で韓国国内向けの配信の契約を更新する交渉を行なっており、その最中であった2月28日に海外向けの契約が終了したとの通知を受けたという。しかし規約により国内と海外の契約更新を同時に行うことが出来ないため、現在は国内向けの契約更新にあたっており、そのため海外向けの配信が無効になっていると説明している。

多くのアーティストが世界的なリスナーを得ることに役立っていたSpotifyでの配信。今回の削除によって韓国のアーティストは大きな打撃を被ることとなってしまった訳だが、Kakao MとSpotifyの間のトラブルが解決する日は来るのだろうか?今後の動向を注視したい。

related

FNMNL編集部がチョイスする6月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの6月編が本日公開。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.207|STUTS、Tyler, The Creator、H.E.R.など全80曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全80曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.206|ISSUGI & SANTAWORLDVIEW & SPARTA、Migos、Daichi Yamamotoなど全80曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全80曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。