UK発のラップミュージック、グライムの新時代を切り開く3人のMCを紹介する

FEATURED  2016.09.04  FNMNL編集部

SkeptaやStormzyの世界的なヒットで再び世界的な認知を得たロンドン発のラップミュージック、グライム。2000年代にはWiley、Dizzee Rascal、Kanoがヒットを飛ばし一時代を築いた。それから時は経ち、2016年も当時の彼らと同じ若い世代がシーンを賑わせている。

 

2000年代後半、グライム冬の時代とも言われていたが、2010年代に入りインターネットラジオ局が台頭し、グライムMCの新時代を後押ししている。UKガラージやグライムにおいて中心的な役割を果たしてきたラジオ局のRinse FMに加え、Radar RadioやMode FM、NTS Radioなどのインターネットラジオ局が、多くの若手MCにチャンスを与え、MCたちは番組内でスキルを披露し、切磋琢磨している。このグライム新世代を代表する3名のMCを紹介する。

文: 米澤慎太朗 (DJ Sinta)

南ロンドン・ルイシャムの雄: Novelist

ロンドン南部のルイシャムに生まれたNovelistは、2014年にリリースされたMumdanceとのコラボレーション”Take Time” でブレイクスルーした。ストリートや自分の周りの人々を、一歩引いた視点でラップする彼のMCはとてもユニークだ。NovelistがMumdanceとコラボレーションした“1Sec”の最初の4小節は、彼の視点をよく示している。

フローでかませてくれ
同時にストリートについても喋らせてくれ
多くのやつが貧乏でお金を欲しがっている
ほとんどのやつらが郵便番号をレペゼンしたがるけど
どうして俺たちが郵便番号が好きなのか分からない

(グライムには郵便番号で自分の生まれ育ったエリアをレペゼンする文化がある)

Let me kill with flows
At the same time let me chat about road
Bare man are broke & wanna get dough
Most of the mandem rep the postcode
But I don’t know why we like the postcode

2016年NovelistはBaauerや Chase & Statusなどメインストリームのアーティストにフィーチャリングされ、グライムシーン以外の、よりポップな音楽ファンの耳に触れる機会も多い。その一方で、自身のオリジナル曲"Tax the MPs"(国会議員に課税しろ) 、"Street Policitian" (ストリートの政治家) など、腐敗したキャメロン政権や警察に対して明確な態度を打ち出した。

いつもポリスはクソだって思ってるぜ
あいつらは俺たちのこと考えちゃいねぇ
誰が犯罪者?俺たちかあいつらか?
あいつらは俺らが嫌い、俺らも我慢ならねぇ

Yo, always thinking fuck these feds
They don't give a damn about the mandem
Who's criminals? Us or them?
They hate us and we can't stand them

MCとしてだけでなくNovelistはトラックも自作するプロデューサーとしても活躍。彼が16才の時にリリースした”Sniper”は808のカウベルが耳に残るインストゥルメンタル・トラック。

今年に入ると地元のMCやプロデューサーたちと一緒にグライムよりさらにアップテンポなサブジャンル”Ruff Sound”を提唱し、MCとトラックメイキングの両面から音楽スタイルの進化を試みている。

MUSIC

FASHION

CULTURE