ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

この書類は、警察がイベントのリスクを査定するために、イベント主催者と会場の担当者が提出を義務付けられているもので、イベント開催日から14日以前に書類に必要事項を記入して警察に提出しなくてはいけない。2008年からロンドン警察によって導入されたシステムだ。

FORM 696の一番の問題点は、イベントのジャンルと「どのようなエスニック(人種)をオーディエンスをターゲット」にするかということが必要事項に入っておpり、この2点が人種差別的であるとして、音楽ジャンルとオーディエンスのエスニック・ターゲットの欄は2008〜2009年の間に削除された。

FORM 696は主にラップやグライムといった出演者と参加者の大半が、有色人種のイベントを中止する根拠にされてきたのだ。

ロンドン市長のサディク・カーンは昨日Twitterで、このFORM 696が廃止されることをアナウンス。

カーンは「この廃止によりロンドンのナイトライフ経済が反映し、首都がすべての音楽ジャンルのアーティストやDJにとって感激される場所であること保証し、ロンドンの人々が安全にライブを楽しめるようになる」と述べている。FORM 696についてはこちらの記事を参照。

related

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

ロンドンの2000年代後半から現在までのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』

スイス人フォトグラファー、アーティストであるゲオルグ・ガッサスが2008年~2017年のロンドンのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』が刊行された。

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。