Double Clapperzがチョイスするグライム・クラシックス10選

東京で活動するUKDとSintaによるグライムプロデューサーチームDouble Clapperzが、10/1に2枚目の12インチ『Get Mad』をリリースする。グライムの本場UKのインターネットラジオでも、すでに彼らの楽曲は多数プレイされるなど、東京、そして日本のグライムプロデューサーといえばDouble Clapperzという名前が出るのは普通のことになっている。

今回の12インチ『Get Mad』もタイトル曲は、UKの実力派Boylanと制作したもので、すでにMumdanceがRinse FMの番組でプレイしている。

そんなDouble Clapperzが影響を受けたグライム・クラシック10曲を紹介してくれた。

1. More Fire Crew - "Oi"

コメント

グライムという音楽を全く知らなかった高校生の頃、僕のUK産ラップミュージック原体験。ヒップホップにはない異質なビートとラップの熱量に完全にやられた。当時はラップがレゲエぽく聞こえたからダンスホールの一種だと思っていて、これがグライムだったんだって気づくのはもっと後になってから。

2. Ruff Sqwad - "Xtra"

コメント

「East London where the mandem are bluk!, bluk!, bluk!」
グライムマイクリレーの最高峰。駅からクラブに行く道中、フードを被って聞くのがオススメ。当時のシーンをリアルタイムに経験してるわけじゃないけど、今でもフレッシュに聞こえるということは名曲である証拠。

3. Kahn & Neek - "Got My Ting"

コメント

Kahn&Neekは常に好きなプロデューサーだけど、その中でも一番を選ぶとしたらこの曲。
ダークで重い初期グライムと初期ダブステップの要素を、圧倒的なバランス感覚とアイデアで一つにまとめている。
トラックの所々に一聴しただけだと気づかない感じにDizzee Rascalの声ネタを散りばめている所もニクい。
シンプルな構成だけど、これ以上何か音を足したり、引いたりする必要は無いし、そのバランス感が良い。

4. Peverelist - "Roll With The Punches"

コメント

最近Drakeがサンプリングして話題になったダブステップ史上最高の名曲の一つ。
極限まで削ぎ落とされたビートとサブベース、浮遊感漂うメロディ。
一つ一つの音に意味があれば余計な音なんていらないと証明している引き算の美学。この浮遊感あるシンセサウンドはグライムと共通していて、違和感なくセットに組み込める。

5. Plastician - "Shallow Grave"

コメント

Plasticianのグライム・クラシック。ダークでミニマルな構造でガラージや2ステップ感があるパーカッションの配置がずっと踊っていられる。Kahn&Neek以降の重いグライムが好きな人は初期Plasticianのプロダクションや、"Sublow" Grime、Black Op’sクルーのプロダクションに目を向けて欲しい。

6. Southside Allstars - "Southside Riddim"

コメント

歪むベースとキックが1つの音として迫ってくる。ミュージック・ビデオのモブ感もイイ。

7. Big $hot - "Stomp"

コメント

8バースごとに展開がガラッと変わる曲で、めちゃくちゃ踊れる。

8. Skepta - "God Forgive Me"

コメント

SkeptaがMCでこのバースをやり始めたら絶対リワインドされる。Skeptaの隠れた名曲。

9. Jon E Cash - "Hoods Up"

コメント

ヒップホップとグライムが共通する部分は、サンプリングをした曲がたくさんあること。
サンプルの切り方だけじゃなくて、音をファットにするスネアやキックのサンプリングと重ね方は凄く参考になる。

10. Trends - "Hypnotized"

コメント

たぶん一年以上前からプレイされ続けてて、曲がリリースされる前からブートレグのリミックスがたくさん流れてきてた。
オリジナルは最近リリースされて、すぐに買った。

Info

Double Clapperz

Double Clapperz - Get Mad [LP]

[IWR 002]

RELEASE DATE : 1st of October 2017

Pre-Order from 7th August

12inch - 400 copies

Normal Black Vinyl

A1. Get Mad

A2. Get Mad VIP

B1. Obscure

Download Code Bundled

予約 - https://doubleclapperz.bandcamp.com/merch/get-mad
視聴 - https://soundcloud.com/doubleclapperz/getmad-ep

RELATED

渋谷HARLEMで開催される四つ打ちパーティーにHiro "BINGO" Watanabe、Double Clapperz、1017 Muney、kotsuが登場

イベントコーディネートやアートディレクションを行うGRIDIN’が、渋谷のHARLEMにてDouble Clapperz、CYKのKotsuを招いた四つ打ちのパーティーを開催する。

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。