韓国のDJクルーが作った「テミン」Tシャツ、ついにテミン本人の手に渡る

「SMの曲こそ、今の韓国にとって重要な音楽」との信念から韓国のDJクルーNo Musicはカタカナで「テミン」と書かれたTシャツを作成し、K-POPを思う存分楽しめるパーティで販売した。

 

そのニュースを記事にして伝えたところ、日本のK-POPファンやDJから大きな反応があった。

驚くべきことに、本日、その話題の「テミン」Tシャツが、テミン本人の手に渡ったことが明らかになった。

No Musicクルーのパク・ダハムはTwitterで、このTシャツは限定で作られた黒バージョンであり、友人を介してテミンに手渡したことを認めた。今のところ、この黒バージョンも大量に生産することは考えていないという。

テミンが、このテミンTシャツを着て日本のステージに立つ日があるかもしれない。

RELATED

架空のK-PopグループPlanet BoyzのCDやポスター、グッズなどの展示会が開催

「お土産」だけに止まらない、エンタメグッズ・ライブグッズの新たな可能性を『グッズコミュニケーション』として提案するLIVE GOODS LABOによる展示会「LIVE GOODS LOVE」の第2弾が、5/10(金)から東京・新宿のBar星男で開催される。 今回は多角的なグッズ展開でしられるK...

ソウルのアンダーグラウンドシーンで活躍するNO MUSIC クルーが来日

新宿 BE-WAVEで不定期で開催される”SOI48”に韓国のアンダーグラウンドシーンを代表するパーティーNO CLUBをオーガナイズするNO MUSICクルーが来日する。

【インタビュー】No Music | みんながYesと言ってるときにNoと言えること

韓国・ソウルにて、ここ数年爛熟を迎えているアンダーグラウンド・クラブ・シーン。その代表的なパーティーが 新都市 - シンドシというスペースで行われている 『No Club』だ。トラップやヴォーグ・ハウスから、K-POPまで横断するスタイルは、ほかに類をみない。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。