韓国のDJクルーがリリースした謎の「テミン」Tシャツとは?

この「テミン」と書かれたTシャツは、韓国のDJクルー「No Music」が開催するイベント「No Club」の1周年イベントに合わせて制作されたものだ。No Musicとは韓国アンダーグラウンド・ミュージックシーンの人気DJのCong Vuや韓国インディーシーンの立役者Park Dahamなどが所属するDJクルーだ。彼らはなぜカタカナで「テミン」と書かれたTシャツを作ったのだろうか?

「テミン」とはもちろん韓国のメジャーレーベルSM Entertainmentに所属するユニットSHINeeのメンバーTAEMINのことだ。東方神起の弟分的存在のグループSHINeeの最年少メンバーのTAEMINは、ダンスが得意な愛されキャラ。明るい髪色が似合う鼻筋の高い美しい顔を持ちながら、高い歌唱力を持つ彼は、7月末に日本ソロデビューを果たし、日本での人気も更に急上昇している。

No Musicは、このTシャツを20枚限定で制作し、No Clubの1周年記念パーティーの前売り券と一緒に販売したところ、即完売したとのことだ。

FNMNLの取材で、メンバーのPark DahamはテミンTシャツを作った理由をこのように語った。

僕とCong Vuは、最近DJでテミンとかSMに所属するアーティストの曲をプレイしてるんだけど、Twitter上で「K-PopをプレイするDJは本当のDJじゃない」と書かれたりしたんだ。でも僕たちはSMの曲こそが今の韓国でとても重要な音楽だと考えている。実際パーティーでプレイしたら、フロアはすごいことになるんだよ…。だから僕たちのイベントでたとえ他の人たちに反対されても、テミンのことを主張したかったからTシャツを作ったんだ。僕たちはK-PopをDJでプレイするのを恐れてないよ。日本にいるK-Popファンたちと気持ちは同じだと思う

メジャーやインディーという枠を越えて、ただ音楽を追求するNo Musicの真摯な姿勢がテミンTシャツという形になったといえるだろう。彼らの1周年パーティーは今週末8/19に開催される。

related

K-POPファンの中で白人至上主義者による「WhiteLivesMatter」のタグを推しの画像や動画で埋める動きが広がる

ジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件をきっかけに再び大きな盛り上がりを見せている「BlackLivesMatter」運動。そんな中、この運動をよく思わない白人至上主義者が「WhiteLivesMatter」なるハッシュタグをつけたツイートをTwitterに投稿しトレンド入りさせることで「BlackLivesMatter」を埋もれさせようとする動きが発生した。しかし、そんな彼らにとって思わぬ壁が立ちはだかり話題を呼んでいる。

架空のK-PopグループPlanet BoyzのCDやポスター、グッズなどの展示会が開催

「お土産」だけに止まらない、エンタメグッズ・ライブグッズの新たな可能性を『グッズコミュニケーション』として提案するLIVE GOODS LABOによる展示会「LIVE GOODS LOVE」の第2弾が、5/10(金)から東京・新宿のBar星男で開催される。 今回は多角的なグッズ展開でしられるK...

ソウルのアンダーグラウンドシーンで活躍するNO MUSIC クルーが来日

新宿 BE-WAVEで不定期で開催される”SOI48”に韓国のアンダーグラウンドシーンを代表するパーティーNO CLUBをオーガナイズするNO MUSICクルーが来日する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。