Kanye Westがどのように人の声を自分の作品に織り込んできたかを紹介する動画が登場

Kanye Westはこれまでに7枚のアルバムをリリースしてきた。そしてそのアルバムごとにKanyeが自らの声やサンプリングされた曲のボーカルを、まるで楽器のように、革新的な使い方をしてきたことを示す動画がYoutubeで公開された。

 

『Kanye deconstructed: The human voice as the ultimate instrument』というタイトルのこの動画を作成したのはメディアサイトVoxのEstelle Caswellとヒップホップ研究家のMartin Connor。

Martin Connorは動画の最初で、「Kanyeは常にベストで偉大な楽器は人間の声だと考えてきた」と語る。これまでのヒップホップがトラックとボーカルを分けて考えてきたのに大使、Kanyeはボーカルとトラックを一緒のものと考えてきたと説明する。

その例としてデビューアルバム『College Dropout』に収録されている"Jesus Walk"でサンプリングされたボーカルをベースラインやメロディーとして使用しているのがあげられる。

次作『Graduation』に収録の"Good Life"では逆にシンセサイザーのサウンドをオートチューン・ボーカルのように用いているのが指摘される。オートチューンが大胆に導入された『808s & Heartbreak』ではシンセのボーカルサウンドがドラムトラックの緩衝材という役割を果たしていると明かされる。

2010年にリリースされた『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』ではボーカルの使い方が複雑化している事と共に、Kanyeがボーカルをメロディーに対するノイズとして使っていることが示される。

そしてその後の『Yeezus』や『TLOP』では様々な人の声をまるでオーケストラのように、用いているのが指摘される。例えば"Ultralight Beam"での4歳の女の子とThe-Dreamの声の並置やその後のChance The Rapperの登場はまさに声で曲を構成してきたKanyeの集大成だ。

動画の最後ではKanyeが人間の声を武器として用いて、ヒップホップを新しい世界へ導いた唯一のアーティストだとナレーションは語る。『Kanye deconstructed: The human voice as the ultimate instrument』は下のプレイヤーで見ることができる。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Thom Yorkeがサントラを手がけ話題のホラー『サスペリア』の予告編が解禁

ルカ・グァダニーノ監督が伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が1/25(金)に公開されるのを前にして、予告編が公開となった。

タイ、イサーンを特集する爆音映画祭の第3弾がライヴイベントと共に開催決定

2016年からスタートし今回で3回目となる『爆音映画祭 特集タ イ|イサーン VOL.3』が、1/25(金)から1/27(日)まで東京都写真美術館ホールにて開催される。 それに先駆けるかたちで1/12(土)にアンカナーン・クンチャイをはじめとする様々なア ーティストをタイから招聘してのライブイ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。