フランスのコカ・コーラ工場から約58億円分のコカインが発見される

フランス南部Signesにあるコカ・コーラの濃縮ジュース工場で、コスタリカから配送されたオレンジジュースのコンテナから約370kgのコカインが発見された。これは金額にすると約5600万ドル(58億円)となるそうだ。発見したのは工場の従業員で、彼らが警察に通報したことにより捜査が開始した。

 

New York Timesの報道によると、工場の従業員たちは容疑者の候補からまず取り除かれたようだ。コカ・コーラの現地担当者の Jean-Denis Malgrasは、「調査の最初の段階でわかったことは、従業員たちがこれに関わっていることはあり得ないということだ」と話している。

19世紀の初期コカ・コーラは、コカの葉(成分としてコカインを含む)が使われていたなどと噂されることもあるが、コカ・コーラ社は「コカインを材料としたことはこれまでない」と否定している。

コカインの密輸に配送コンテナが使われていたということなのだろうか。まさかフランスのコカ・コーラにはコカインが混入されていたなどということはないとは思うのだが...。真相はいまのところ謎である。コカ・コーラ社からの公式の声明が気になるところだ。(辻本秀太郎)

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

DIESELとCOCA-COLAのコラボカプセルコレクションが登場|1日限定でポップアップイベントも開催

DIESELとCOCA-COLAがリサイクル素材を取り入れた最先端のカプセルコレクション『THE (RE)COLLECTION』をリリースする。

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。