Miriam Cahnの4年ぶりの個展『rennen müssen 走らなければ』が開催へ

Miriam Cahn(ミリアム・カーン)の4年ぶり2度目となる個展『rennen müssen 走らなければ』が10/1~11/5まで東京・六本木のギャラリーワコウ・ワークス・オブ・アートで開催されることになった。

 

Cahnの描き続けている人物・植物・建築・動物・風景というモチーフに加え、2015 年欧州移民危機により世界規模の問題となった難民をテーマに描かれた作品を含めたペインティング約30点を展示。

2016MC_presso.t._RGB72-1
o.t., 05.2016, oil on canvas, 195 x 200 cm © Miriam Cahn, courtesy of WAKO WORKS OF ART

これまでにべネチア・ビエンナーレでスイス代表に選出されるなど、Cahnは多くの展覧会で作品を発表しつづけ、2017 年にドイツとギリシャで開催されるドクメンタ 14への参加も決定している。

ハプニングやフェミニズム・ムーブメントなどに影響を受けたCahnは初期の黒鉛を使って巨大な布に絵を描くというパフォーマンス性を持ったドローイング作品から、ペインティング、写真、映像とスタイルの幅を広げていく。

「私はいわゆる伝統的なペインターではなくパフォーミング・アーティストだ」と本人が語るように、作品を数時間で描き上げるなど、短い時間で集中しテーマをダイレクトに描くスタイルは、豊かな表現に直接的に反映されている。

またCahnの作品は原爆や難民という、重い社会問題に妥協することなく向き合う強いテーマ性を持つ。本展でも、近年社会問題になってい るヨーロッパでの難民問題を描いた2015年から2016年の新作7点が展示される。

<Info>

Miriam Cahn『rennen müssen 走らなければ』

2016年10月1日(土)  – 11月5日(土)

-
会 場:ワコウ・ワークス・オブ・アート
後援:スイス大使館

住 所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
(都営大江戸線/東京メトロ日比谷線 六本木駅 3番出口徒歩3分)
営業時間:11:00-19:00 日月祝・休廊
T:03-6447-1820 F:03-6447-1822  M:info@wako-art.jp [担当・武笠]

展覧会ページ:
http://www.wako-art.jp/exhibitions/data/2016/mc_rennenmussen/

related

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

彫刻家・小畑多丘の平面作品のクロニクルとなる初の作品集が刊行

国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘のドローイングをはじめとした平面作品のクロニクルとなる初の作品集『Spectrum of the Move』が刊行される。

soh souenによる個展『ささやかな叫び A Modest Scream』が原宿のギャラリーThe Massで開催

藤原ヒロシの最新作『slumbers 2』のジャケットも手がけた福岡在住のアーティスト桑園創(クワゾノ・ハジメ)が、soh souenに名義を一新し初の個展『ささやかな叫び A Modest Scream』を原宿のギャラリーThe Massで開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。