韓国のDJクルーがリリースした謎の「テミン」Tシャツとは?

MUSIC  2016.08.18  FNMNL編集部

この「テミン」と書かれたTシャツは、韓国のDJクルー「No Music」が開催するイベント「No Club」の1周年イベントに合わせて制作されたものだ。No Musicとは韓国アンダーグラウンド・ミュージックシーンの人気DJのCong Vuや韓国インディーシーンの立役者Park Dahamなどが所属するDJクルーだ。彼らはなぜカタカナで「テミン」と書かれたTシャツを作ったのだろうか?

「テミン」とはもちろん韓国のメジャーレーベルSM Entertainmentに所属するユニットSHINeeのメンバーTAEMINのことだ。東方神起の弟分的存在のグループSHINeeの最年少メンバーのTAEMINは、ダンスが得意な愛されキャラ。明るい髪色が似合う鼻筋の高い美しい顔を持ちながら、高い歌唱力を持つ彼は、7月末に日本ソロデビューを果たし、日本での人気も更に急上昇している。

No Musicは、このTシャツを20枚限定で制作し、No Clubの1周年記念パーティーの前売り券と一緒に販売したところ、即完売したとのことだ。

FNMNLの取材で、メンバーのPark DahamはテミンTシャツを作った理由をこのように語った。

僕とCong Vuは、最近DJでテミンとかSMに所属するアーティストの曲をプレイしてるんだけど、Twitter上で「K-PopをプレイするDJは本当のDJじゃない」と書かれたりしたんだ。でも僕たちはSMの曲こそが今の韓国でとても重要な音楽だと考えている。実際パーティーでプレイしたら、フロアはすごいことになるんだよ…。だから僕たちのイベントでたとえ他の人たちに反対されても、テミンのことを主張したかったからTシャツを作ったんだ。僕たちはK-PopをDJでプレイするのを恐れてないよ。日本にいるK-Popファンたちと気持ちは同じだと思う

メジャーやインディーという枠を越えて、ただ音楽を追求するNo Musicの真摯な姿勢がテミンTシャツという形になったといえるだろう。彼らの1周年パーティーは今週末8/19に開催される。

MUSIC

FASHION

CULTURE