Supremeのデザインのネタ元を明かすInstagramアカウント

FASHION  2016.07.27  FNMNL編集部

Supremeは他のストリートブランドでは叶えられない斬新なコラボレーションなどで常にストリートブランドの先頭を走ってきた。そんなトップブランドSupremeがデザインの参照に用いた元ネタを明かす、あるInstagramアカウントが存在する。

そのアカウント@supreme_copiesは元ネタの画像と、そのネタを参照したSupremeの服を並べて投稿している。ウェブメディアDazedがアカウント主のインタビューをおこない、いくつかの質問をぶつけている。アカウントをなぜ開設したのかについては「すべてのSupremeのデザインのネタ元を一箇所に集めたかったんだ。これまでフォーラムやTシャツのネタ元についての短い記事は毎シーズンあったけど、Instagramみたいなプラットフォーム上にはなくて」と@supreme_copiesは動機を明かしている。

Another mafia/mob show reference from Supreme is S/S '14 "Flamingo" button up shirt pictured left. The right images are from the pilot episode of "The Sopranos." For those unfamiliar, Sopranos aired from '99-'07 and revolved around Tony Soprano, a mob member balancing two types of family-immediate and mafia. Supremes had there hand at Sopranos before (box logo tee) but little do people know many pieces seen in the series are referenced by Supreme, and often. The Flamingo button up is a clear reference-with the black collar and almost exact same print- Supreme however did not make a pink colorway, possibly to stray away from the expected. If any Sopranos fans know of other pieces Supreme has referenced, feel free to send screenshots, I know there is some more.

Supremeさん(@supreme_copies)が投稿した写真 -

どのようにリサーチをおこなっているかについては「たくさんの情報源となるインターネットのページもあるし、それに私がひとつのポストをおこなっただけで、大量の情報が寄せられるんだ。それは情報源が映画やお店などで実際に見つけたものだよ。私自身もそういうやり方をしているし、Googleの検索には頼らないようにしてるよ。特に10年以上前に作られた服を調べるのには役に立たないね」と答えている。

The "Fuck" denim jacket and shorts released in SS '13 have a simple typeface font similar to a typewriters (also, the font featured on Supreme's website). Supreme loves repeating patterns and words alike on all pieces. Most however aren't aware of the left image-found in the 2000 book titled "(un)fashion" a book by Tibor and Maira Kalman that documents global fashion from everyday people, all around the world. I'm not quite sure what brand the original "Fuck" pants are, and I'm also unsure on when they released. They have an undeniable punk rock influence, so circa late '70s or '80s is a good assumption (if you have any more info on them, DM me) I'm also not sure if Supreme saw the book or the piece itself. However, the inspiration is clear.

Supremeさん(@supreme_copies)が投稿した写真 -

ブランドやデザインチームとしてSupremeのネタ元が明かされることはどう思うか?との質問に対しては「個人的な意見だけど、すごいことだと思う。ブランドが成功をしていることや多くのフォロワーがいることは誰も否定できない、Supremeは元ネタが無名なものだとしても、多くのファンにそのネタを広めているんだ。私のページをみれば、誰もが慣れ親しんだ元ネタをSupremeが使っているのを見つけられると思うし、多くの人にとってはそれは魅力的なことだよ。確かにそれは「オリジナルじゃない」って意見もある。でもストリートブランドの服には常に「オリジナルじゃない」要素が入ってるものなんだ。Supremeのことを知って、どんどんブランドのことをディープに知っていくと、まるで歴史の授業を受けているみたいに感じるんだ。」と意義を主張した。

またSupremeが使用した元ネタに対して何がしかの責任を負うべきかとの問いには「一切負う必要はないよ、彼らはリスペクトやオマージュの意味をこめてそれらのアイテムを作ってるし、それがストリートウェアの基礎にあるからね」と擁護している。

また彼自身の最も好きなSupremeのアイテムとその元ネタについては「1番好きなのは2014AWにリリースしたチェリー柄のセーターだね。これは1973年のブルース・リーが主演した映画『ドラゴンへの道』に出てくる通行人が着ているんだ」と返答した。

 

Now, this may seem like a stretch to some, and if I'm wrong I'm wrong and feel free to correct me if you have better evidence for this sweater. Below is a screenshot from the 1973 Bruce Lee film "Way of the Dragon." Above, of course the "Cherry" sweater from FW '14. Now I know, Cherry is the title of Supreme's skate video, they made the Cherry "Thanks For The Memory" hat in 2010, Supreme seems to enjoy the theme of Cherries. I'm just saying, it's possible any designer from Supreme could have been watching this film (IDK, maybe when they were gathering ideas for the Bruce Lee collaboration, which featured multiple photos from his films) and the idea sprung. Not saying it's a very obvious reference by any means, but definitely could have spurred the idea.

Supremeさん(@supreme_copies)が投稿した写真 -

@supreme_copiesへのインタビュー全文はDazedで読むことができる

Supreme(楽天)

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE