人気ストリートブランドがトランプ支持者に購入代金を全額払い戻しへ

本日正式に共和党の大統領候補に選出されたドナルド・トランプ。これまでもラッパーを中心にアーティストなどから激しいアンチトランプキャンペーンが張られていたが、元SupremeのクリエイティブディレクターBrendon BabenzianによるストリートブランドNoahのやり方はとてもスマートなものだ。

NoahはブランドのInstagramに若き日のトランプの写真にあわせ偽のトランプによるセリフが一緒になった画像を投稿。そこには「共和党支持者は投票者の中で最も愚かな連中だ」と書かれている。Noahはキャプションで「この投稿をしたのは私たちがトランプを支持しないからだ。トランプが大統領候補の一人になっているのはとてもキマりが悪い。この投稿のコメントで私たちを支持しないという人がいたら、Noahで買ったアイテムの全額を払い戻しする」と書いている。現在このポストには182件のコメントがついているがほとんどがNoahの態度を支持するコメントになっている。Noahのカタログはオフィシャルサイトでチェックできる。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。