SoundCloud、無料マスタリングサービスLANDRとの提携を発表!

SoundCloudがマスタリングソフトウェアLANDRと提携し、SoundCloud上でのオンラインマスタリングが可能となることを発表した。これはフリーユーザーに向けた楽曲のクオリティーを向上させる無料の機能である。

マスタリングとは音楽制作において、レコーディング、ミキシングのあとの最後のプロセスであり、音圧やバランスを調節し、より良い音に仕上げる作業をいう。

LANDRは通常、無料のプランからプロプレミアムまでの3つのプランがあり、それぞれWAVフォーマットでマスタリングできる曲数が限られている。しかしSoundCloud上で使用すれば、その中でのストリーミング用フォーマットで何曲でもマスタリングできるようになっている。

Lander_LandingPage_Desktop-1024x633

SoundCloudアカウントを持っているアーティスト、クリエイターは、自分で作った音楽のオーディオファイルをドラッグでアップロードするだけで、自動で、しかも無料で好きなだけマスタリングしてもらえるが、LANDRのアカウント登録も必要になる。マスタリングされたトラックはSoundCloud内で試聴可能だが、該当トラックのマスターファイルを1つだけ個人使用の為にもダウンロードすることもできる。

この便利で簡単に行えるマスタリングサービスは、普段マスタリングをしない音楽クリエイターや音楽製作初心者にとっても、プロのサウンドを自分のものにすることができるとてもありがたい機能となっている。今後のミュージックシーンも、オーディオクオリティが上がることが期待できるかもしれない。

LANDRへの登録はこちらから。

RELATED

SoundCloudにアップロードしたラップが問題となり高校生が実刑の危機

高校に通った経験のある人は、その環境にフラストレーションを抱えることもあったかもしれない。音楽はそのような感情を表現する手段の一つだが、それが思わぬ事態を引き起こしてしまうこともあるようだ。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

ストリーミングサービスにおけるソングライターへの使用料分配の割合が過去最高に

先週土曜、アメリカの楽曲使用料を取り扱う団体のCopyright Royalty Board(CRB)が、今後5年間でストリーミングサービスで得られる作詞家の使用料の割合を過去最高の50%以上まで引き上げることを決定したと、Varietyが報じた。これと同時に、CRBは、ソングライターの特許権使用料の支払い方法を強化、簡略化していくという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。