2019年のアメリカのストリーミング収益が2017年の全ての音源での収益を超えたと発表

ここ数年の間、ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になったことは言うまでもない。特に欧米ではほとんどのリスナーがApple MusicやSpotifyなどのサービスを使用しており圧倒的な普及率を誇っているが、今回、アメリカの音楽業界全体での昨年のストリーミング収益が大きな躍進を見せたことが発表された。

Geniusによると、アメリカレコード協会が昨年末に調査を行ったところストリーミングサービスによってもたらされた利益が88億ドル(約9697億円)以上にのぼったことが判明。2017年の記録である57億ドル(6279億円)の約1.5倍の数字となっており、ストリーミングサービスがさらに普及していることが分かる。さらにストリーミングサービスだけでなくCDやレコード、デジタルダウンロードも含む2017年の音楽業界全体の収益と比較しても、2019年のストリーミングサービスがあげた収益が上回るとのこと。

2019年のストリーミングサービス加入者の数はおよそ6040万人となり、こちらも2017年の3530万人の約2倍に及ぶ。一方で昨年のデジタルダウンロードとCDの売り上げは減少を続けているが、アナログレコードの売り上げは引き続き増加傾向にある。昨年上半期にはフィジカルでの音楽のリリースの3分の1以上をレコードが占め、CDの売り上げをレコードが抜く可能性が指摘されていた。この傾向が続けば、CDよりもレコードの方が売れるという状況が実現する日も遠くないのかもしれない。

日進月歩で変化を続ける音楽産業の動向に、今後も注目である。

related

「新型コロナウイルスの影響でストリーミングサービスの再生回数が減少している」との調査結果が発表

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスことCOVID-19。一部の国では他者との濃厚接触を避けるために外出制限がなされ、音楽を始めとするエンターテイメント産業への影響も指摘されてきた。一方でユーザーが自宅にいる時間が増えることで音楽ストリーミングサービスにとっては利用時間を増やすチャンスとなるのでは、との見方も存在していたが、そんな中COVID-19がストリーミングサービスにも打撃を与えていることを明らかにする調査が発表された。

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

違法アプリ『Music FM』の利用実態に関するアンケートが公開 | 7割以上が使用経験ありと回答

ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」が、6/18から6/25の期間で、10代から30代の男女1,203人を対象に、『Music FM』の利用実態に関するアンケート調査を行なった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。