「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

DJ Magによると、ストリーミングプラットフォームのDeezerがイギリスに住む音楽ファン2000人以上を対象にアンケートを実施。すると、その中の42%がアルバムの中のお気に入りのトラックをプレイリストに追加し、同アルバムの他の曲を聴かないというスタイルを採っていることが判明した。アルバムから聴きたい曲のみをピックアップする理由には「忙しいから」「時間が無いから」との回答があったという。またイギリスのDeezerユーザーがアルバムを聴いている時間は1日あたり僅か17分であり、これは世界平均である1日あたり26分という時間よりも短い結果となるそう。

さらに、25歳未満の回答者のうち15%が「アルバムを通して聴いたことがない」との回答を行ったという。しかし全回答者のうち82%はフルアルバムを聴いたことがあると答えており、アルバムを聴くロケーションは自宅が53%、運転中が32%、散歩中が14%とのこと。母集団の問題はあるにせよ、少なくない割合のリスナーがフルアルバムを全く聴いたことが無いというのは驚きの結果である。

ストリーミングサービスで収益を得るためには短いスパンで多くの楽曲をリリースする必要があるため、EPやシングルをコンスタントに発表する代わりにアルバムをリリースする数を減らすアーティストも少なくない。ビジネスモデルが変化するにつれて音楽の聴かれ方が変わるのはある程度仕方のないことだが、「アルバム」という形式が衰退してしまうのではないか、と懸念するリスナーもいるはずだ。

時代の移り変わりを改めて実感させられるニュースであった。

RELATED

違法アプリ『Music FM』の利用実態に関するアンケートが公開 | 7割以上が使用経験ありと回答

ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」が、6/18から6/25の期間で、10代から30代の男女1,203人を対象に、『Music FM』の利用実態に関するアンケート調査を行なった。

ストリーミングサービスへの違法アップロードによって推定300億円の損失がアーティストとレーベル側に与えられている可能性

ストリーミングサービスが浸透し、多くの音楽ファンが利便性を享受した一方で、様々な違法な利用が生まれている様だ。

DJ Jazzy Jeffが「ストリーミング配信はレーベルが得をするだけ」と語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが当たり前になった今日この頃。今や楽曲をストリーミング配信することに疑問を抱かないアーティストも多いが、古くから活動してきた者にとってはそうもいかないらしい。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。