macOS Catalinaの導入に伴ってiTunesが公式に終了

10/9追記 読者の皆様からの指摘により、内容を一部修正いたしました。

これまで約20年間、多くの人に利用されてきたiTunesがついにサービスを終了した。以前から、iTunesに関してはサービスの終了がほのめかされていたが、今回Appleが月曜日に発表した新たなソフトウェアmacOS Catalinaの導入に伴い、正式に終了することになった。

TwitterではApple Supportがこのようなツイートを行っている。


このツイートによると、iTunesは無くなるもののApple TV、Apple Music、Podcastsというふうに3つのアプリケーションに分かれる形でライブラリ内で利用出来るそう。また、この新しいシステムは音楽や映画、またはダウンロードしたものを見つけやすくし、これまでiTunesを利用していたユーザーの不満を解消するとのこと。

ちなみにDJの方々はまだmacOS Catalinaへのアップデートを控えた方が良さそうだ。


どうやらソフトウェアをmacOS Catalinaにアップデートしてしまうと、iTunesが消去されてしまうのに加えiTunesに保存されていた曲が完全に消えてしまうのに加え、Serato DJやTraktor、Rekordboxを利用している人はXMLファイルを読み込まなくなってしまうらしい。

macOS Catalinaへのアップデートは無料だが、正直、もうしばらく様子を見た方が良いかもしれない。

related

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオへの対応を発表

Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオの導入と、ロスレスオーディオへの対応を発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。