AppleがWWDCでiTunesをMusic、Podcast、Apple TVの3アプリに分割することを正式に発表

かねてより噂されていたAppleのiTunes終了が、昨日開催されたカンファレンスWWDCにてついに正式発表された。

The Vergeなどが報じるところによると、以前から予想されていた通りiTunesは今後登場するmacOS Catalina以降Music、Podcast、Apple TVの3アプリに分割されるという。macOS 10.15よりこの仕様がスタンダードとなり、iTunesにこれらの機能が集中していたバージョンと比べよりシンプルに必要な機能を使うことが可能になるようだ。

Music Appは従来のiTunesが担っていた音楽面の機能を引き継ぎながら、分かりやすいメニューとカラフルなサイドバーを特徴とし、さらにiPhoneでダウンロードした音楽をFinderで自動に同期することも可能になるとのこと。なお、Windows版のiTunesは終了することなく今後も継続されるという。

かねてより議論の対象となっていたAppleによる音楽のダウンロード販売については、今後iTunesが無くなって以降もMusic AppにStoreの機能が引き継がれることが予想される。

今回の発表では、さらにiPadをMacのサブディスプレイとして使用出来る「Sidecar」機能やより強固なセキュリティ、ボイスコントロールなど様々な機能がOSに追加されることが明らかとなっている。iTunesの終了は時代の移り変わりを実感させられるが、いずれにせよMacユーザーにとっては多くの朗報が飛び込んできたWWDCであった。

RELATED

AppleがiTunesの終了を発表との報道 | 新たにMusicなど3つのアプリが誕生か

昨年から噂にあがっていたAppleのiTunesの終了が、6/3(月)に開催されるイベント『WWDC 2019』でアナウンスされるとBloombergなどが伝えている。

AppleがMac版iTunesをそれぞれ「Music」「Podcast」「Books」という別個のアプリとして分ける計画か

定額制ストリーミングサービスApple Musicが圧倒的なシェアを集めるに伴い、その行く末を巡って以前より数々の噂が流れるiTunes。今回、iTunesをそれぞれ「Music」「Podcast」「Book」という3つのアプリとして分けることをAppleが計画している、との報道があった。

AppleのiTunesの音楽ダウンロードは来年3月末に終了を発表するとの報道

先日Apple Musicの立役者であるJimmy IovineがBBCの取材に対してiTunesの音楽ダウンロードが終了する計画があることを認めたことを報じた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。