kiki vivi lilyの最新作『vivid』から冨田恵一がプロデュースした"Copenhagen"のミュージックビデオが今夜プレミア公開

6/26(水)にリリースされるkiki vivi lilyの最新作『vivid』から、冨田恵一がプロデュースした"Copenhagen"のミュージックビデオが本日24時に、YouTubeにてプレミア公開される。

ビデオ公開に先立ち冨田恵一からのコメントも到着した。

「kiki vivi lilyさんのヴォーカル・スタイルは心地よいウィスパーですが、そうとは言い切れない不思議な魅力も感じています。
作曲にあたってはそんな彼女の声にフォーカスしようと準備していましたが、望む曲調を伺ったところ、予想しなかった僕の過去曲名があがりました。
でも、完全に予想外だったその曲のイメージと、彼女の声を丹念に結びつけてみたら、とても良い曲ができたというわけです。
メロディに寄り添いながら加速するリリックのおかげで、コペンハーゲンに行きたくなります」冨田恵一(冨田ラボ)

本作『vivid』には冨田恵一をはじめ、Sweet William、WONK、MELRAWといったプロデューサー/アーティスト陣が名を連ねているほか、アイドルの寺嶋由芙がカバーしたことでも知られる"80denier"も新アレンジで収録、これまでの活動の集大成的な作品となっている。

公開にあわせ、所属レーベルEPISTROPHの特設ページにて、kiki vivi lilyのオフィシャルグッズからロングTシャツの先行受注販売もスタートしている。受注期間は6/4(火)24:00~在庫限りとなっており、今後もグッズは複数展開されていく予定だ。

Info

 

2019年6月26日発売

01. So much
02. Brand New
03. Why
04. 80denier
05. AM0:52 (Sweet William Remix)
06. Waste No Time
07. カフェイン中毒
08. Copenhagen
09. K.V.L.F
10. Asian Resort
11. At last

定価:2,315円+税
LABEL: EPISTROPH
EPST-016

related

【特集】kiki vivi lilyによるおいしい料理ができそうなプレイリスト『Cooking with Rhythm』

10月1日(金)にニューアルバム『Tasty』をリリースしたkiki vivi lily。荒田洸(WONK)とMELRAWをプロデューサーに迎えた同作は、タイトル通り「味覚」をテーマにし、何気ない日常のハイライトを多彩なサウンドで表現し、一枚を通して味覚のフルコースを深く堪能できるような作品に仕上がっている。

kiki vivi lilyが10月リリースのニューアルバム『Tasty』から"Lazy"と"New Day feat. Sweet William"が先行配信

kiki vivi lilyが10/1(金)にリリースする2ndアルバム『Tasty』から"Lazy"が本日9/15(水)、"New Day feat. Sweet William"が9/22(水)に先行配信されることになった。

【対談】MÖSHI × kiki vivi lily 『Waiting』|ストーリーを伝えるために

NYの名門美術大学パーソンズ大学院在学中のミュージシャン、ファッションデザイナーのMÖSHIが、kiki vivi lilyを迎えたニューシングル『Waiting』をリリースしミュージックビデオを公開している。 これまでのMÖSHIのダークでインダストリアルなテイストとは打って変わって、爽や...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。