AppleがiTunesの終了を発表との報道 | 新たにMusicなど3つのアプリが誕生か

昨年から噂にあがっていたAppleのiTunesの終了が、6/3(月)に開催されるイベント『WWDC 2019』でアナウンスされるとBloombergなどが伝えている

これらの報道は5月からすでにあったが、ここにきてiTunesのInstagramとFacebookアカウントがこれまで行ってきた投稿を全て削除しており、信憑性が高まってきている。

Bloombergなどによれば、今後iTunesが担っていた音楽や動画視聴の機能などはMusic、TV、Podcastsの3つの新しいアプリに分かれるとみられている。これまでiTunesで購入した楽曲やApple MusicなどもiTunesにかわるこのMusicのアプリ上で今後は管理が可能となる予定だ。どのような管理画面になるかなどは、まだ明かされておらず、『WWDC 2019』での発表を待ちたいところだ。

RELATED

AppleがWWDCでiTunesをMusic、Podcast、Apple TVの3アプリに分割することを正式に発表

かねてより噂されていたAppleのiTunes終了が、昨日開催されたカンファレンスWWDCにてついに正式発表された。

AppleがMac版iTunesをそれぞれ「Music」「Podcast」「Books」という別個のアプリとして分ける計画か

定額制ストリーミングサービスApple Musicが圧倒的なシェアを集めるに伴い、その行く末を巡って以前より数々の噂が流れるiTunes。今回、iTunesをそれぞれ「Music」「Podcast」「Book」という3つのアプリとして分けることをAppleが計画している、との報道があった。

AppleのiTunesの音楽ダウンロードは来年3月末に終了を発表するとの報道

先日Apple Musicの立役者であるJimmy IovineがBBCの取材に対してiTunesの音楽ダウンロードが終了する計画があることを認めたことを報じた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。