Rihannaに続きRick Rossも奨学金設立へ。

ラッパーのRick Rossが自身の組織の従業員と学生を対象に奨学金を設立することを明らかにした。今年中に設立される予定のThe Wingstop Foundationは学生の退学者を減らすために、奨学金だけでなく学業やメンターなどのプログラムを行う組織の援助も行う。

ゴシップ&エンターテイメントサイトのBossipが明らかにしたところによると、Rick Rossは、自身が経営するチキンショップのWingstopの従業員と学生の就学を支援する奨学金を近々スタートさせると言う。Wingstopは、オンラインでアパレルショップをローンチし、そのローンチイベントにて、Rick Rossは「ネクストレベルへ進むために、コミュニティにもっと奉仕しようと考えた」と語った。

非営利団体Grad Nationの調査によると、低所得者層の学生の高校卒業率は74.6%にとどまり、それ以外の学生に比べると14%も低い。そして都市の退学率は54%にも上る。この事態に対して、Rick Rossはさまざまな手段で数字の改善を図ろうとしている。

RELATED

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

逮捕されたラッパーが自身のリリックを根拠に通常より重い判決を下される

ストリートでのリアルな経験を歌うことはある種のラップにおいて重要な要素の一つだが、それらが行き過ぎたためにシリアスなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようだ。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。