カナダの嗜好用のマリファナ合法化が2017年春にも開始か

大麻への感謝祭「マリファナ・デー」の4月20日に大麻愛好者にとって嬉しいニュースが入ってきた。4月20日、米ニューヨークで開催された国連の薬物セッションで、カナダのフィルポット保健相が、カナダのトルドー首相が成人嗜好用の大麻を合法化する法律を2017年春に導入するとメディアに伝えた。

昨年の総選挙において議会の単独過半数を獲得したトルドー首相率いるカナダの自由党は公約として、大麻の合法化を掲げていたが、4月20日のマリファナ・デーについにその公約の実現に向けたアナウンスを行った。

フィルポット氏は「大麻の合法化を行うカナダのアプローチは多くの国と相容れないものかと思うが、(薬物の問題から)若者を守り、公共の安全を高める最善の方法であると確信している」とメディアに答えた。

アメリカでは20州以上で医療目的の大麻使用が合法化されており、コロラド、ワシントンでは嗜好品としての使用が認められている。しかし、国レベルでの大麻合法化が実現すれば、先進7カ国(G7)の中ではカナダが初となる。

via Times

RELATED

Snoop Doggがジョイントを巻くスキルを応用して巻き寿司作りのマスターになったと著書で明かす

Snoop Doggといえば大のマリファナ好きで知られている。今までに巻いてきたジョイントは数知れないだろうが、なんとそのスキルが寿司を作ることにも活かされているそうだ。

本日よりカナダで娯楽用のマリファナが合法化

以前よりFNMNLでも伝えていたカナダでの娯楽用マリファナの合法化が、本日よりついに実現することとなった。2015年にジャスティン・トルドー首相が選出されて以来着々と進められ、今年の6月に議会を通過した大麻合法化法案。全国規模での合法化はウルグアイに続いて2か国目で、主要先進国で初めてマリファナが完全に合法化するという愛好家にとってはまさしく快挙と言える出来事だ。

Tyler, The Creatorがスタジオでマリファナを吸われると気が散ると語る

Fantastic Manのカバーストーリーに登場したTyler, The Creatorは、自身のセクシュアリティなどについて語っていたが、同じインタビューで彼はA$AP Rockyとの楽曲“Potato Salad”をスタジオで制作していたときのことを振り返っている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。