ReebokからBlackEyePatchがデザインしたシューズが2モデル登場|デリバリーサービスがテーマ

ReebokからBlackEyePatchとコラボレーションした、トーキョーストリートカルチャーを再構築したアイコニッ クなコレクション「Reebok DESIGNED by BlackEyePatch」より、フットウェアモデルが12月27日(月)に発売される。

BlackEyePatchのグラフィックデザインをフィーチャーしたフットウェアモデルは、現在発売中の秋冬アパレルコレクションと同様、都市生活の大動脈とも言える「デリバリーサービス」をテーマに、配送関連のロゴやデザインからインスパイアされたグラフィックやカラーリングが特徴。今回ベースとなったのは、今年新登場したレトロランニングスタイルのスニーカーGL3000とCL LEGACY AZの2モデル。

GL3000は、ガムテープや段ボールといった梱包資材からインスパイアされたベージュやブラウンのカラーリングを使用している。

CL LEGACY AZは、配送員のユニフォームをイメージしたネイビーやグレーを採用することで、コレクションのテーマである「デリバリー」を反映した。

両モデルとも 開封タブや取扱注意を促すマークなど、配送パッケージでよく目にするアイコンや記号をBlackEyePatchならではのユニークな視点で再構築した、シックな中にも遊び心が溢れる一足に仕上がっている。

Info

発売日:2021年12月27日(月)

販売店舗
・リーボック オンラインショップ:https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、あべの HOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・リーボック フィットハブ(ららぽーと EXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
・ZOZOTOWN:https://zozo.jp/shop/reebok/

RELATED

Skaaiが全国4都市を巡る『Skaai DEAD TOUR』を開催 | 『WE'LL DIE THIS WAY』と『BEANIE』のアナログ盤もリリース決定

最新EP「WE'LL DIE THIS WAY』をリリースしたばかりのSkaaiが、東京、大阪、福岡、仙台の4都市を巡るワンマンツアー『Skaai DEAD TOUR』を10月から開催する。

【日本と韓国 : 隣国で暮らしてみて season 2 】| 内畑美里

「日本と韓国 : 隣国で暮らしてみて」は『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』の著者であるErinam(田中絵里菜)さんが立ち上げた企画。

IOがChaki Zuluプロデュースの新曲"左利きのBenz"をリリース

IOが9/22(金)にChaki Zuluプロデュースの新曲"左利きのBenz"(Prod. Chaki Zulu)をリリースする。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。