【特集】Life with Tattoo Vol.3|『10人のFirst Tattoo』

今回FNMNLでは、タトゥーへの理解を深め、より私たちの社会にとって身近に捉えるための特集をスタート。様々な形でタトゥーに関わる人々を通して、クールなファッションや自己表現として存在しながら、同時に社会の奇妙な歪みの煽りを受けてきたこの文化について改めて考えることを目的とした本特集。

その第3回となる本記事では『My First Tattoo』と題し、多様な分野で活躍するタトゥーを入れている方々に「初めて入れたタトゥー」のセルフィーと、そのタトゥーについてのアンケートを回答してもらった。(掲載順はA to Z)

Elle Teresa

1.いつ頃入れたものですか?

18歳

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

なんか入れたかったから。キティーちゃんをハワイでヘナって可愛いと思ってそのまま入れました。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

なし。

4.入れたことで困難はありましたか?

おばあちゃんちにいくときに夏でも長袖を着ていくこと。おばあちゃんは多分悲しむから。

Elle Teresa

ラッパー、ウーバーベイビー

Instagram:https://www.instagram.com/elleteresa_/

Hideyoshi

1.いつ頃入れたものですか?

1年前くらい(2019年10月頃)

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

きっかけはノリです。親父が高知県出身で、土佐犬を入れました。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

特になし。

4.入れたことで困難はありましたか?

銭湯が行けなくなったところがあります。

Hideyoshi

東京を拠点として活動しているクルーTokyo Young Visionに所属するラッパー。2018年6月に1st EP『Never  Be the Same』をリリース。その後の反響からAK-69,SKY-HIなどの人気アーティストとの客演を経て現在ではインディーズ、メジャーの垣根を越えて活動の幅を拡げている。その後ソロミックステープ『Dead End Adventure』を2020年1月17日にリリース。収録曲『Majinahanashi』のミュージックビデオはYouTubeでの公開後から現時点で280万回以上再生され国内外で注目を浴びている。

JOSHUA S

1.いつ頃入れたものですか?

23歳の時にいっぱいタトゥーがあるおばさんと遊んでてて、飲んだ時に彼女の紹介で北千住の変なパンクおじさんの家で入れました。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

THE SIMPSONSのソファーですね。高校生の時からこのデザインを考えていました。子供の時から毎日家族とTHE SIMPSONSを見ながら晩御飯を食べていて、THE SIMPSONSから笑うことの大事さと家族の大切さを学びました。あと、誰かから、体の左内側に入れると守るという意味が入ると聞いて、左腕に入れました。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

タトゥーを入れるのはパンドラの匣を置くと一緒で、一回やるとやめられないですね。

あとやっぱりタトゥーを入れてからもっと自分らしく生きることができました。タトゥーは隠せないし、自分のことを隠す必要もない。またよくタトゥーに関して聞かれることになりました。日本にタトゥーのマインドはやっぱまだ新しくて、これからもっとオープンにタトゥーの会話ができたら、一人でもタトゥーのマインドが変えられたらいいと思っています。

4.入れたことで困難はありましたか?

やっぱ体のエリアにより痛みが全然違くて、初めて入れようとしてたところがわりと痛かったりしました。また最初に入れてくれた人がそんなに上手くなかったです。笑(ちゃんと見たらラインのクオリティーが全然ダメ、だけどそれが好き)それ以外は特にないですね、いつかどこでもの温泉に入れたらいいけどね。

JOSHUA S

1988年ロスに生まれ、23歳から日本在住。スケート、パグ、木製家具、笑うのが好き。現在はアパレル海外営業を勤める。

Mars89

1.いつ頃入れたものですか?

確か4年ぐらい前かな。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

パリに弟の個展を見に行った時に、InstagramでフォローしてたTattooスタジオに行って、そこでファーストタトゥーを入れた。ずっと入れたいなと思ってて、あとはタイミング次第だった。ファーストタトゥーは幽体離脱のイラスト。僕の体に入ってるTattooは基本的に全部自分のデザインで、教科書の隅の落書きみたいなノリだからデザインに特に意味はないけど、自分の人生において大きな出来事(何かを成し遂げたり、苦難を乗り越えたり)があったタイミングで入れている。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

Tattooは自分の体をデザインできる方法の一つだと思っていて、それによって身体的コンプレックスなどを乗り越えたり、自己肯定感を得る助けになると思ってる。僕の場合はずっと体が華奢なのを気にしてて、シルエットが出ないようなサイズ感の服しか着れなかったんだけど、Tattooが増えていくに従って自分の体を好きになれて、タイトな服も着れるようになった。

4.入れたことで困難はありましたか?

入館拒否される温泉とかスーパー銭湯とかが多いのもそうだけど、拒否する理由が全然論理的じゃない事を誰かに説明しても理解してもらえない時に困難を感じる。あとは困難てほどではないけど、Tattoo入れたあと半年は献血に行けないから、新しいのを入れる前に献血に行くように心がけてる。

5.告知など

僕が劇伴をやった豊田利晃監督の映画『破壊の日』のサントラがもうすぐ出ます。映画も上映中なので見てね。あと、アルバムとかEPとかそのうち出ます。

Mars89

DJ/Composer。 自身の作品のリリースのほか、UNDERCOVERのランウェイや田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis VuittonやAdidasの広告映像、現在上映中の豊田利晃監督の映画『破壊の日』の楽曲を手がける。 Bristol拠点のラジオ局Noods Radioではレジデントをつとめている。

Instagram:https://www.instagram.com/_mars89/

松下サニー

1.いつ頃入れたものですか?

大人になりたいと思う歳に。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

タトゥーへの憧れはずっとあって、ある時に、友達がタトゥースタジオに行くからついて来ないかと言われ、厳しかった母に内緒でついていき、その場の勢いでいれました。

恥ずかしながら、Googleでカッコいい言葉、英語と調べてヒットした名言集みたいものからきめました。デザインの意味は、その字の通り「簡単に手に入るものは、簡単に去っていく」です。

勢いで入れたものの、その意味は今でも自分への戒めになっていて、楽な方に逃げてしまわないように、努力しようと思わせてくれてます。意味は後付けなんですけどね!笑

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?

わたしは、忘れたくないこと、こうなりたいみたいな事を強く思った時に、タトゥーをいれているので、目にした時にその時の想い、記憶を辿って、背中を押されることがあります。

4.入れたことで困難はありましたか?

母親に内緒にしてたので、服を脱がないよう気を付けるのが意外と大変だったことと、プールに行けなかったり、遊びの帰りにフラッと温泉によれなかったことがあって、わりと困るんだなって感じました。

だけど、それは自分を置いてる環境のせいなので、困らない場所を選べる人間になりたいとも思いました。

松下サニー

モデル事務所に所属するにあたり大阪から上京。

色彩やシルエットに対する飛び抜けたセンスから数多くのスナップやファッションモデルに起用され、HYSTERIC GLAMOURや、最近ではSONYのCMにも起用されている。

また、語学留学の際に訪れたロンドンでは今の相方、ユウマと出会いMY FRIEND THE MOONという名前でライブを含めた音楽活動もしている。

Instagram:https://www.instagram.com/sunny_only1/

西本克利

1.いつ頃入れたものですか?

14歳の時に原宿で。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

どのくらい痛いのかと、若気の至りにつきます。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

特にありません。

4.入れたことで困難はありましたか?

今現在です...笑笑

5.告知など

今、発売中のTHE NEW ORDER MAGAZINE 23にnishimoto is the mouthの特集が組まれております。面白いページに仕上がっております。それと、10月末位にリミテッド100冊で僕の表紙のTHE NEW ORDER MAGAZINE 23も発売されます。宜しくお願い致します。詳しくはInstagramをご覧下さい。

西本克利

Instagram:https://www.instagram.com/k_nisimoto_/

 Qrion

1.いつ頃入れたものですか?

19歳の時

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

自分の音楽を海外に発信していく内にTumblrやInstagramをよく見るようになり、服装や髪型の延長線上でタトゥーもチェックするようになりました。そこから自分にも入れたいと興味が出ていったと思います。その時一番好きだったTumblrの.gif画像を膝下に入れました。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

元々Tumblrやインターネットミームのような所からアメリカの音楽活動に入って今はそこからかなり違うジャンルにいるので、感謝の意を込めてファーストタトゥーの上に炎のタトゥーを重ねて入れて燃やしてもらいました。そういう自分のタトゥーに対してこうしたいみたいな前向きな変化はあるんですが自分の性格がそれで変わったり前よりもこうなったとかはないと思います。

4.入れたことで困難はありましたか?

 公共の場で知らない人達から何度か、タトゥーが入っているから頭がおかしいとか将来終わってるとか言われたことがあります。そういうこと言う人2000年代にまだいるんだなと思いました。タトゥーだったりピアスだったり、自分の体に何かする以上自分の為にしている他ないと思うので(一生体に残るタトゥーなら尚更...)、自分とは違う他人を受け入れることの出来る風潮はもっと将来出来て欲しいと思います。

Qrion

音楽プロデューサー/DJ。北海道札幌出身、サンフランシスコ在住。Mad Decent、Anjunadeep/beats等数々のレーベルから精力的にリリース。DJ活動としてはMoogfest, Tomorrowland, EDC Mexicoへの出演がある。

Instagram:https://www.instagram.com/qrion/

寺沢美遊

1.いつ頃入れたものですか?

2019年6月18日

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

私の場合、デザインよりもまず誰に入れてもらうかが重要でした。ある時、韓国で超絶最高の友達キセワちゃんに出会い、この子のエナジーを注入したい!もうすべてを預けようと決めました。梨泰院の彼女の家で、つたない韓国語と日本語、英語を混ぜイメージを共有し、彼女のフェイバリットのプログレが流れる中インクを入れてもらった時間、完成してはしゃぎながら屋上で写真を撮りまくった時間、とりまくムードすべてがうっとりしていて、一生の思い出です。デザインはCARREのMTR氏に作ってもらった嫁入りランドのロゴを自分で手描きにしたものを。意味は無限のエナジー…?

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

タトゥー入れたいって気持ちがおさまった。

4.入れたことで困難はありましたか?

撮影で集中してる時に誰かが自分のタトゥーにハッと気付いて、話題がそっちに持っていかれることがあり、グルーヴが途切れてしまう。

寺沢美遊

フリーランスのフォトグラファーである寺沢美遊/mieuxxxはFNMNL、Studio Voiceなどのメディアで、様々なアーティストの写真を撮ってきた。同時に音楽家として彼女は破格のライブで日本のアンダーグラウンドで有名な嫁入りランドの一員でありDJでもある。

Instagram:https://www.instagram.com/mieuxxx_/

YAMARCHY

1.いつ頃入れたものですか?

2011年、上京後すぐにいれました。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

地元の先輩方がみんな入っていて自分もずっといれたかったんですが、お前は入れないほうがいいと止められていたので、上京後すぐに入れました。
デザインは、マンチェスターのクラブハシエンダがソースです。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

すぐに次を入れたいと思いました。

4.入れたことで困難はありましたか?

初めのほうに何も考えず入れてたものなど、あとになって違うなーと思うものがいくつか出てきました。消せないのが困難ですね。

YAMARCHY

DJ / DOMICILE TOKYOマネージャー。

2011年上京、同年セレクトショップCANNABISのスタッフに。DJとしても活動。CANNABISにおいて、プレス〜バイヤー〜マネージャーの役職を経て2018年に独立。

2018年5月よりセレクトショップDomicile Tokyoのマネージャーに就き、2019年7月より渋谷のクラブMITSUKIのブッキングマネージャーを担当。その他海外ブランドLQQK STUDIOの日本国内のエージェントとしてセールスを担当。

Instagram:https://www.instagram.com/yamarchy/

yaminoni

1.いつ頃入れたものですか?

去年(2019年)の10月です。

2.初めて入れようと思ったきっかけや経緯、デザインの意味を教えてください。

DAWNの創刊号を作っている時に使わせてもらっていた事務所の一角が彫師のKAJI君がやってるJOYTOWN TATTOOってタトゥースタジオで、打ち合わせしてる時とかも彫ってる音がずっと聞こえているようなところだったんですよ。それで、もれなく入れたくなってって感じですね。

入れたのはTOYA HORIUCHIさんに作ってもらったロゴです。元々TOYA HORIUCHIさんが自身で発表されているNEWYORKシリーズにデッドフォントをベースにしたあのデザインがあって、それを見た時にDAWNのイメージに完璧に合うと思い、NEWYORKをDAWNに変えて作って欲しいと連絡して。面識は一切なかったんですがDAWNのスタンスに共感してくれて、引き受けてくれることになって。そうしてできたロゴです。ちなみに創刊号に付けたステッカーと同じ大きさで入ってます。

3.入れる前と後で変わったことはありましたか?(心境など)

好きなデザインが自分の身体に刻まれてるんですから、そりゃ上がりますよ。

4.入れたことで困難はありましたか?

ないです。

yaminoni

インディペンデントストリートカルチャーマガジン『DAWN』の編集。

Instagram:https://www.instagram.com/yaminoni_/

Info

特集】 Life with Tattoo

Vol.1 サカヨリトモヒコ(カルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』編集)インタビュー https://fnmnl.tv/2020/11/09/108981

Vol.2『タトゥー彫り師医師法違反事件』を担当した亀石倫子弁護士 インタビュー https://fnmnl.tv/2020/11/12/110669

Vol.3『10人のFirst Tattoo』https://fnmnl.tv/2020/11/17/108197

Vol.4 Kaji(Joytown Tattoo )インタビューhttps://fnmnl.tv/2020/11/20/110465

Vol.5 My First Tattoo Report https://fnmnl.tv/2020/11/21/111429

related

【特集】Life with Tattoo Vol.5|My First Tattoo Report

その第5回であり最終回となる本記事では、第4回に登場して貰ったタトゥーアーティストKajiのもとで、実際にインタビュアーがタトゥーを入れたレポートを掲載する。

【特集】Life with Tattoo Vol.4|Kaji(Joytown Tattoo )インタビュー

第4回の本記事では、タトゥースタジオ・Joytown TattooのタトゥーアーティストKajiにインタビュー。タトゥーアーティストから見た、日本におけるタトゥーカルチャーの変遷について訊いた。

【特集】Life with Tattoo Vol.2|『タトゥー彫り師医師法違反事件』を担当した亀石倫子弁護士 インタビュー

今回FNMNLでは、タトゥーへの理解を深め、より私たちの社会にとって身近に捉えるための特集をスタート。様々な形でタトゥーに関わる人々を通して、クールなファッションや自己表現として存在しながら、同時に社会の奇妙な歪みの煽りを受けてきたこの文化について改めて考えることを目的とした本特集。 Vol...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。