Diaspora skateboardsのデザイナーによる新ブランドCabaret Povalが2020 AWのLOOKを公開

東京Supremeの元スタッフであり、現在Diaspora skateboardsのデザイナーを務めている田中優也による、新ブランドCabaret Poval(キャバレーポバール)が2020 AWのLOOKを公開した。

Cabaret Povalという名前は、ダダイズムの発生源となったスイスの芸術家たちの社交場であるCabaret Voltaire が由来となっている。

シーズンテーマは「distante」。デザイナーの田中優也が幼少期に見た柄や物を、遠く懐かしむ心境をLOOKに落とし込んでいる。

今後は周りのクリエーターのハブになるような活動を視野に入れて展開予定で、見逃せない新鋭ブランドだ。

Info

Cabaret Poval

https://cabaretpoval-shop.com/

related

【コラム】SKATELOG by hakase Vol.9|シグネチャーモデル

今回のコラムではプロとはなんぞや?について書いていこうと思います。

Diaspora skateboardsが2020 AWのLOOKを公開|モデルにSPARTAやmiuなどを起用

Diaspora skateboardsが2020 AWのLOOKを公開した。

【コラム】SKATELOG by hakase Vol.8|Story behind the board

みなさんこんにちは、ハカセです。さて、前回のコラムではスケートする上での心構えのようなものについて書かせていただきましたが、今回はそれに関連してもう少しスケートの「スキル」より「メンタル面」について書かせていただこうかなと思っております。 文:hakase 写真:Cho Ongo 早速...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。