16FLIPによるSEEDAの『花と雨』をリミックスした『Roots & Buds』がデジタルリリース | Georgia Anne Muldrowとのコラボ曲も7インチ化

ISSUGIのビートメイカー/DJ名義である16FLIPが、2007年にリリースしたSEEDAの『花と雨』のリミックス盤『Roots & Buds』が、新たにリマスタリングされ、デジタルリリースされた。

『Roots & Buds』はこれまでCDのみでリリースされ、長らく在庫切れが続いており市場価値も上がっていただけに、今回のデジタルリリースは喜ぶファンも多いはずだ。

また16FLIPは、昨年リリースしたシンガーのGeorgia Anne Muldrowをフィーチャーした『Love it though』を7インチとしてもリリース。カップリングにはSHINOBI, EPIC & BUDAMUNKの昨年リリースされた『Gates to the East』に収録されている“MYSTIC ARTS feat. ISSUGI"のDJ SCRATCH NICE & 16FLIPによるリミックスを収録した完全限定盤となっている。

Info

アーティスト: 16FLIP
タイトル: Love it though feat. Georgia Anne Muldrow
レーベル: P-VINE / Dogear Records
品番: P7-6240
ジャンル: R&B / JAPANESE HIPHOP
税抜販売価格: 1800円
発売日: 2020年2月19日(水)

<7EP - TRACKLIST>
Side-A 16FLIP / Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Original Version)
Side-B SHINOBI, EPIC & BUDAMUNK“MYSTIC ARTS (REMIX)” feat. ISSUGI
Remixed by DJ SCRATCH NICE & 16FLIP

16FLIP vs SEEDA / Roots & Buds[ReMastered]
linkco.re/T5GEmV2C

related

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

BEAMSとSPACE SHOWER TVによる『PLAN B』が S/U/P/E/R/ DOMMUNEでライブ配信 | Campanella、RAMZA、Aru-2、16FLIP、田我流、KMが出演

BEAMSとSPACE SHOWER TVによるコラボプログラム『PLAN B』が、コロナ禍によって未曾有の危機にあるカルチャー/エンターテイメント業界の未来への希望を込め、 S/U/P/E/R/ DOMMUNEで8/6(木)に無観客での無料ライブ配信を行う。

『花と雨』のDVD/Blu-ray発売に先駆けABEMAでの独占先行放送が決定

日本のヒップホップ黎明期から今に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティストSEEDA。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。