SEEDAのアルバム『花と雨』が原案の映画 『花と雨』の予告編が公開

SEEDAのアルバム『花と雨』を原案とし、新進俳優の笠松将が主演を務める映画『花と雨』。1/17(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで全国公開される同作の予告編が解禁となった。

予告編はロンドンで育った17歳の吉田がヒップホップに出会い「自分の表現をできる場所」を見つけ奮闘していくところからはじまる。唯一の理解者である姉・麻里との約束を胸に、どんどんヒップホップにのめり込んでいくが、やりたいことと周りとのギャップに悩まされ、いつしかドラッグディーラーに成り下がっていく。計算し尽くされた映像美から伺える儚さ、緻密なカメラワークから浮かび上がる激しさ、そしてスリリングな心理描写に切なさと葛藤を垣間見ることができる。

本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、仙人掌が演技指導を担当している。

Info

映画 『花と雨』

出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「花と雨」製作委員会
http://phantom-film.com/hanatoame/
2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

related

『夏の魔物2020』の第1弾発表で5lack、舐達麻、SEEDA、JJJ、STUTSなどが発表

昨日第0弾としてKOHHとZORNをアナウンスした『夏の魔物2020』が、立て続けに第一弾アーティストをアナウンスした。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick LamarやFrank Oceanなどの楽曲が使用される話題の映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭6分間の映像が公開

Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた映画『WAVES/ウェイブス』。4/10(金)から公開となる同作の冒頭6分間の映像がYouTubeで公開された。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。