SEEDAのアルバム『花と雨』を原案にした映画が公開決定

SEEDAが2006年に早逝した姉への思いを歌ったアルバム『花と雨』。同作を原案にした映画が2020年の1/17(金)より上映される。

オーディションを勝ち抜いた笠松将が主演、水曜日のカンパネラやBjörkなどのミュージックビデオを手がける土屋貴史は本作で映画監督デビュー。映画はロンドンで育った吉田が、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っているところからスタート。学校と距離を置いていく過程で出会ったヒップホップと、ストリートでのドラッグディールで実績と自信をつけていく彼が、ラップバトルに負け、仲間に裏切られていく姿も描く。夢に邁進する姉とも距離を置き、ついに逮捕されてしまった吉田を待っていたのは最愛の姉との別れだった。

笠松将 ©Timgallo

SEEDAの自伝的なエピソードも交え、「現実と理想」、「生と死」、「アイデンティティの探求」など様々なテーマを通じて、「何者かになりたい」一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。また、本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、仙人掌が演技指導を担当している。

SEEDA

Info

『花と雨』
2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開
(C)2019「花と雨」製作委員会
配給:ファントム・フィルム
出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
(C)2019「花と雨」製作委員会
公式サイト Phantom-film.com/hanatoame/
2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

RELATED

デニス・ホッパーによる『ラストムービー』が31年ぶりに劇場公開 | 予告編も公開

1988年に公開されたハリウッドの異端者にして鬼才のデニス・ホッパーによる革命的傑作『ラストムービー』が31年ぶりに劇場公開が決定した。

SEEDAがKAMIYADAとJIN DOGGを迎えた新曲"ROPPONGINI"をSoundCloudで公開

最近ではメディアプラットフォームNeet Tokyoも主宰し、自身のアルバムを題材にした映画『花と雨』も公開されるなど、多角的な動きを続けているSEEDAが、久しぶりの新曲"ROPPONGINI"をSoundCloudで公開した。

ブラジルのグラフィティアーティストをテーマにしたドキュメンタリーの上映が決定

ブラジルのグラフィックアーティストを半年間取材したドキュメンタリー映像作品がブックギャラリーポポタムで10/25(金)から上映される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。