Post Maloneが故Mac Millerと共にアルバムを制作する予定だったことを明かす

昨年9月に突然この世を去ったMac Miller。生前の彼と、先日ニューアルバム『Hollywood's Bleeding』をリリースしたPost Maloneが共にアルバムを作る予定だったことが明らかになった。

XXLによると、Post Maloneは先週金曜日にBeats 1のZane Loweのインタビュー番組に出演した際にMac Millerとの思い出を語った。彼は「Macは俺のことを最初にツイートしたんだ。彼の音楽を最初から聴いてたから、凄く奇妙な感じだったな」と語り、「一緒にアルバムを作る予定だったんだ。俺たちは座ってビアーポンをしながら、“アルバム作ろうぜ”って感じだった。変なタイトルも考えてたよ。それが、彼が亡くなる2日前のことだったんだ」と、死の直前のMac Millerとコラボアルバムを作る相談をしたことを明かしている。

Post MaloneはMac Millerとアルバムの相談をしている際に奇妙な経験をしていたようで、「俺たちはLAのAirbnbにいたんだけど、突然部屋のテレビがオンになって、止まらなかったんだ。その後、テレビの電源を切ってから入れ直した。“これは変だ、気味が悪いよ”って感じだった。どうしてかは分からない。信じられなかったよ」とも語った。

音楽性に違いはあれど共に愛すべきキャラクターを持ち、幅広いジャンルに造詣が深いMac MillerとPost Maloneの二人。コラボアルバムが実現していれば、果たしてどのような作品に仕上がっていたのだろうか。

Zane LoweによるPost Maloneインタビューの全編はこちらから。

related

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Post Maloneが過去に複数回UFOと遭遇した経験を語る

先日はビアポンの大会『World Pong League』の主催に向けて動いていることが報じられたPost Malone。そんな彼が、過去にUFOを目撃した経験について語っている。

Post Maloneがビアポンの大会『World Pong League』を主催か

ここ最近はまとまったリリースが無いものの、新型コロナウイルス感染拡大防止への支援としてNirvanaをトリビュートした配信ライブを開催し、またビジネスにも力を入れているPost Malone。そんな彼が、バーティゲームとして世界的に人気なビアポンの大会を主催することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。